アンジェリーナ・ジョリーさん乳房切除 がん予防

2013/5/14付
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=共同】米人気女優で国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使を務めるアンジェリーナ・ジョリーさん(37)が、乳がんのリスクを高める遺伝子の変異が見つかったため、予防措置として両乳房を切除する手術を受けた。14日付米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿文で告白した。

 寄稿文によると、医師から「乳がんになる可能性が87%」と説明され、治療を決断。母親ががんで約10年間、闘病生活を送り、56歳で他界したことも影響したという。

 2月に切除し、約2カ月後に乳房の再建手術を受けた。パートナーで米人気俳優のブラッド・ピットさん(49)が治療に付き添った。

 ジョリーさんは手術で「乳がんになる可能性が5%未満まで低下した」と強調。公表した理由について「私の経験が他の女性に役立てばと思った」としている。

 ジョリーさんは映画「17歳のカルテ」でアカデミー助演女優賞(1999年度)を受賞している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 14:56
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 15:40
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:05
14:03
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 15:00
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報