クリーンテック最前線

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

家庭用蓄電池システム、ボトルネックは安全対策

(1/2ページ)
2011/10/17 7:00
共有
保存
印刷
その他

 電力不足や計画停電に対する備えから今、注目を集めているリチウムイオン電池を使った家庭用蓄電池システム。しかし、その商品化に大幅な遅れが生じている。

写真1 大和ハウス工業のスマートハウス「スマ・エコ オリジナル」で用いる家庭用リチウムイオン電池
画像の拡大

写真1 大和ハウス工業のスマートハウス「スマ・エコ オリジナル」で用いる家庭用リチウムイオン電池

 大和ハウス工業は、蓄電池システムの制御機能を備えたスマートハウスを2011年10月に発売した(写真1)。他社に先駆けて発売できたものの、当初予定していた「2011年の春ごろ」というタイミングから、半年ほどずれ込んでの発売になってしまった。理由は「蓄電池の安全性で第三者認証を得るのに時間がかかったため」(同社取締役常務執行役員の濱 隆氏)だという。

 日立コンシューマ・マーケティングは2011年10月4~8日に開催された「CEATEC JAPAN 2011」で、家庭および事業者用の蓄電池システムを披露した。しかしそれは、正興電機製作所が開発した制御系と鉛蓄電池(電池セルは新神戸電機製)を用いたもの。リチウムイオン電池を使った蓄電池システムもその隣に展示していたが、それは中身のないモックアップだった(写真2)。「まだ安全性をクリアできていない」(同社説明員)からである。

 ほかにも安全性を考慮してリチウムイオン電池による蓄電池システムの商品化に踏み切れないメーカーは多い。大容量リチウムイオン電池の安全性確認が、商品化のボトルネックになってしまっているのである。

写真2 日立コンシューマ・マーケティングがCEATEC JAPAN 2011の会場で見せた家庭・事業者用リチウムイオン電池のモックアップ
画像の拡大

写真2 日立コンシューマ・マーケティングがCEATEC JAPAN 2011の会場で見せた家庭・事業者用リチウムイオン電池のモックアップ

■消防法では危険物に該当

 その背景には、太陽光発電の電力を貯蔵するような大容量の蓄電池システムについては、携帯電話機などに使う小容量のリチウムイオン電池のように標準化された安全基準がまだないことがある。一方で、東日本大震災以降、海外製のリチウムイオン電池を搭載した蓄電池システムがどんどん日本市場に入り込んできている。蓄電池システムの普及を促す政府の支援制度の検討も始まり、国税を投入する対象とするには一定の安全基準を早急に設ける必要があった。

 このため、国内の電池メーカーで構成する電池工業会が業界規格として「産業用リチウム二次電池の安全性試験(単電池及び電池システム):SBA S1101」を7月29日付で発行した。ただし、これは電池メーカー側の自主的な基準である。今回の震災に伴う福島第1原子力発電所の事故では、内部関係者による安全基準の問題点が浮き彫りとなった。こうした状況から「メーカー側の自主基準では、もはや周囲は納得しない」(電池の安全性に詳しい関係者)との見方が増えている。

 そこに追い打ちをかけているのが、消防法による規制である。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!


日経BPの関連記事

【PR】

クリーンテック最前線 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 各設備に設置するコントローラー(写真: Regen Energy)

小規模ビルもITで省エネ 簡単設置で導入コストの壁破る

 小規模ビルでも導入しやすいBEMS(ビルエネルギー管理システム)が北米で注目されている。ビルの電力を制御してエネルギー効率を上げるBEMSは、大規模なビルほど省エネ効果が大きく導入が進んでいるが、小…続き (2013/8/14)

写真1 東京ゲートブリッジ(写真:東京都港湾局)

どこでもセンサー、社会変える「ソーシャルデバイス」

 道路や橋、上下水道といった社会インフラの老朽化が深刻さを増している。とりわけ日本は人口減少も始まっており、インフラの保守・保全は社会全体の大きな課題と言える。こうした課題解決を支援するものとして注目されている…続き (2013/8/7)

図1 テラモーターズの電動バイク「A4000i」

バイクとスマホ 「必需品」でアジアに挑むベンチャー

 「バイク業界のテスラモーターズを目指す」――。二輪車のベンチャー企業テラモーターズ代表取締役社長の徳重徹氏は2013年7月11日、「iPhone」と連携させることが可能な世界初の量産型電動バイク「A…続き (2013/7/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト