タブレット「屋内でゆったり」 2012年は本格普及期
日経産地研調査 ユーザーの7割超、新用途探る

(1/4ページ)
2011/12/31 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 携帯情報機器の勢力図が変わりつつある。パソコン並みの機能をもつスマートフォンの人気だけではない。「画面が大きいスマホ」の性格を持つタブレット端末もノートパソコン市場を脅かしている。日経産業地域研究所の調査によると、タブレット端末の利用者の約9割が「製品は便利」と感じ、約8割が今後の普及を予想した。現在の用途は「ホームページ閲覧」「動画サイト」「電子メール」が軸だが、7割強が一層の用途開拓に前向き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

各社のタブレット端末、専門家の評価は?

急拡大する市場、メーカー次々に参入

用途が拡大



【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 21:44
7:01
信越 7:00
7:00
東海 21:24
21:24
北陸 6:32
6:25
関西 12:50
6:30
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
21:23
21:21

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報