日本経済新聞

4月21日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

東京ふしぎ探検隊

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東京・夢の島、名前の由来は海水浴場 空港計画も

(1/5ページ)
2013/11/15 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

夢の島熱帯植物館(写真中央)の左が清掃工場。現在も東京23区から持ち込まれるゴミを処理している
画像の拡大

夢の島熱帯植物館(写真中央)の左が清掃工場。現在も東京23区から持ち込まれるゴミを処理している

 東京都江東区の夢の島といえば、ゴミを埋め立てて造った人工島というイメージがある。しかし初めからゴミ処分場として埋め立てられたわけではない。実は戦前、ここに世界有数の国際空港ができる予定だった。夢の島はなぜ夢の島と呼ばれたのか。その理由を探っていくと、東京湾の歴史が浮かび上がってくる。

■夢の島は空港建設のために埋め立てられた

 夢の島の歴史を記す文書はそれほど多くはない。数少ない資料が江東区が編さんした「江東区史」と、東京都港湾局がまとめた「東京港史」だ。

 夢の島の埋め立ては昭和初期に浮上した「東京港修築事業計画」の中で進められた。東京湾にたまった土砂を取り除き、大型船に対応する事業だ。取り除いた土砂を使って埋め立て地を造成する。生まれた土地の利用法として真っ先に挙がったのが飛行場だった。

 その名も「東京市飛行場」。1938年(昭和13年)に正式決定した、水陸両用の飛行場だった。どんな空港だったのか。

 総面積は約251ヘクタール。東京ドーム54個分に相当する。現在の東京国際空港(羽田空港)の1522ヘクタールと比べると小さく感じられるが、当時としては世界最大級だったという。滑走路は3本整備する予定だった。

 国立公文書館で調べてみると、飛行場新設にあたって各国の飛行場を比較した文書が残っていた。それによると、当時世界最大級といわれたドイツ・ベルリンのテンペルホーフ空港が140ヘクタール。新空港はこれをはるかにしのぐ。ちなみに当時の羽田空港は53ヘクタールで、滑走路も1本だった。

 それにしても、なぜ羽田空港があるのに新空港なのか。

東京市飛行場の図面。世界最大級の国際空港になる予定だった(国立公文書館所蔵)
画像の拡大

東京市飛行場の図面。世界最大級の国際空港になる予定だった(国立公文書館所蔵)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

夢の島

湾岸地区、東京五輪決定でどうなる

ゴミ戦争、その後は

東京・地理のふしぎ

2020年東京五輪、東京どう変わる

2020年東京五輪が決定

【PR】

【PR】

東京ふしぎ探検隊 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

世田谷区と狛江市の境界であることを示す境界標。右が世田谷区、左が狛江市のもの

ごみ・税金… 東京23区は境界またげばこんなに違う [有料会員限定]

 お隣さんなのに、ごみを出す日もルールも違う。税金を払うのも別の場所――。市町村並みの権限を持つ東京23区では、隣接する区や市との境界線をまたぐと暮らしのルールががらりと変わることがある。中には建物の…続き (3/27)

金沢駅に入る北陸新幹線の車両(2月5日午前、金沢市)

3回変わる周波数・乗務員交代… 北陸新幹線「秘話」

 3月14日、東京と金沢を最速2時間28分で結ぶ北陸新幹線が開業する。東京から数えると7都県を走るこの路線、実は4つの電力会社の管轄エリアを通り、3回も周波数が変わる。JR東日本とJR西日本にまたがっ…続き (2/27)

日比谷線の車両

メトロ日比谷線が五輪前に変身 車両長く、新駅も [有料会員限定]

 東京北東部(北千住)と南西部(中目黒)を結ぶ地下鉄日比谷線が、大きく変わろうとしている。2016年度からこれまでより2メートル長い新型車両を導入し、全駅にホームドアを設置。20年までには虎ノ門に新駅…続き (2014/11/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について