ニュースこう読む(秋田浩之)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の対日強硬、雪解け説が流れる裏側  編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2013/11/15 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 「凍り付いている日中関係がわずかながらでも、動き出すかもしれない」。中国共産党内にパイプを持つ日本の安全保障担当者から、最近、こんな声が漏れるようになった。

 いちばんの理由は、昨年秋以来続いてきた中国指導部内の権力闘争が、ようやく峠を越えつつあるようにみえることだという。この担当者は語る。

■権力闘争落ち着き、対日外交動かす余地生まれる

 「権力闘争のさなかには、習近平国家主席は日本との関係修復に動…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版スタート割実施中 今なら電子版が6月末まで無料! お申し込みは5/31まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)


関連記事

【PR】

【PR】

ニュースこう読む(秋田浩之) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

SLBMの発射を予測するのは難しい(9日、労働新聞が掲載した発射実験の様子)=聯合・共同

聯合・共同

米スパイに筒抜け、北朝鮮の「極秘実験」
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 日本の安全保障にとって、とても気がかりな情報が世界を駆けめぐった。北朝鮮が9日、潜水艦から弾道ミサイルを水中発射する実験に成功したと…続き (5/15)

ロシア、「虎の子」兵器を中国に 日本にも暗雲
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 東シナ海の力学に影響を及ぼしかねない「虎の子」兵器が、ロシアから中国に売却される方向になった。プーチン・ロシア大統領の決断とみられ、尖閣諸島の対立を抱える日本にも逆風になる。
 売却されるのは、ロシア…続き (4/24)

南沙諸島では暗礁が埋め立てられ、中国軍の基地が設置された(フィリピン政府が2014年2月に撮影した写真)

中国が「砂の万里の長城」、米軍に広がる危機感
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 「しゅんせつ船とブルドーザーを使い、『砂の万里の長城』を築いている」。米軍の有力幹部があからさまな中国批判を繰り広げ、話題を呼んでいる。発言の主は、アジア太平洋を管轄するハリー・ハリス米太平洋艦隊司…続き (4/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]