ニュースこう読む(秋田浩之)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の対日強硬、雪解け説が流れる裏側  編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2013/11/15 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 「凍り付いている日中関係がわずかながらでも、動き出すかもしれない」。中国共産党内にパイプを持つ日本の安全保障担当者から、最近、こんな声が漏れるようになった。

 いちばんの理由は、昨年秋以来続いてきた中国指導部内の権力闘争が、ようやく峠を越えつつあるようにみえることだという。この担当者は語る。

■権力闘争落ち着き、対日外交動かす余地生まれる

 「権力闘争のさなかには、習近平国家主席は日本との関係修復に動…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)


関連記事

【PR】

【PR】

ニュースこう読む(秋田浩之) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米下院委員会で証言前に宣誓するOPMのキャサリン・アーチュレッタ長官(左端)ら(24日、ワシントン)=AP

AP

暴露される米スパイ網、背後に中国の影
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 いまでも思い出すのは、ワシントンに駐在記者として着任し、ホワイトハウスの記者証を申請したときのことだ。当時は、2001年の米同時テロの半年後だった。記者証を手に入れれば、簡単な持ち物検査だけで…続き (6/26)

インドを訪れたカーター米国防長官とインドのバリカル国防相(6月3日、ニューデリー)=AP

AP

米国防長官、インドに贈った「至高の品」
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 中国の埋め立てにより南シナ海の緊張が高まっている。そんなさなかの6月初め、インドを訪れたカーター米国防長官は、インド軍にとっておきの「贈り物」を携えていった。それが将来、アジアの海洋勢力図にも影響を…続き (6/12)

2014年11月、訪中したオバマ大統領(左)と握手する習近平国家主席

中国、ひそかに米に「助け舟」 隠密の仲介工作
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 南シナ海の岩礁埋め立てをめぐり、米国と火花を散らす中国。ところが、オバマ政権の対外戦略にひそかな「助け舟」を出し、貸しをつくるという、したたかさもうかがえる。…続き (5/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]