ニュースこう読む(秋田浩之)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の対日強硬、雪解け説が流れる裏側  編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2013/11/15 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 「凍り付いている日中関係がわずかながらでも、動き出すかもしれない」。中国共産党内にパイプを持つ日本の安全保障担当者から、最近、こんな声が漏れるようになった。

 いちばんの理由は、昨年秋以来続いてきた中国指導部内の権力闘争が、ようやく峠を越えつつあるようにみえることだという。この担当者は語る。

■権力闘争落ち着き、対日外交動かす余地生まれる

 「権力闘争のさなかには、習近平国家主席は日本との関係修復に動…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)


関連記事

【PR】

【PR】

ニュースこう読む(秋田浩之) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の戦略原潜「夏」級(4月の国際観艦式)=共同

共同

日米が危惧する「王国」の対中接近
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 どこから軍事兵器を買うかは、その国の戦略を左右する大きな決断といえる。その意味で、アジアの「王国」による動きが、米国や日本の不安を招いている。その「王国」とは、立憲君主制下で、国王が一定の影響力…続き (8/7)

会談に臨む谷内局長(左)と李克強首相(17日、北京の中南海)=代表撮影・共同

代表撮影・共同

安倍氏側近を大歓待、中国が秘めた本音
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 それにしても、尋常ではない大歓待ぶりだった。先週、北京を訪れた谷内正太郎・国家安全保障局長を迎えた習近平政権の対応である。
 まず、谷内氏の事実上のカウンターパートである楊潔篪国務委員(副首相級)が1…続き (7/24)

初の純国産となるP1に米欧の注目が集まる=海上自衛隊提供

海上自衛隊提供

自衛隊の空飛ぶ「虎の子」、米欧も注目
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 自衛隊が長年かけて国内企業と育ててきた「虎の子」が、表舞台に姿を現した。その存在は同盟国である米国だけでなく、ロシア軍の動きを警戒する欧州の関心も呼んでいる。
 その「虎の子」とは、初の純国産となる最…続き (7/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]