スマホが拓く世界市場 和製「LINE」ヒットの裏側
躍進ネットベンチャー2012(2)

(1/7ページ)
2012/2/13 7:00
保存
印刷
その他

 2011年にパソコンの出荷台数を超えたスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)やタブレット端末の全世界的な普及が、これまで考えられなかったようなチャンスをネット企業にもたらしている。なかなか世界に出られず、日本にこもっていた「和製」ブランドもしかり。主戦場をスマホやタブレット端末に移すことで、一気に世界ブランドになれる可能性が出てきた。(文中敬称略)

ベッキーさんが出演する無料通話アプリ「LINE」のテレビCM
画像の拡大

ベッキーさんが出演する無料通話アプリ「LINE」のテレビCM

 今年1月27日、スマホ向けの無料通話・チャットアプリ「LINE」のダウンロード数が1500万を突破した。ただ、あまりにあっという間の出来事で、そのすごさが今ひとつ世間に伝わっていないかもしれない。中には「(タレントの)ベッキーがCMに出てるアプリ」という程度の認識の人もいるだろう。だが、事実としてLINEはあらゆる金字塔を打ち立てている。

 スマホのユーザー同士なら携帯電話のように無料通話ができるほか、メールやチャットも楽しめるLINE。昨年6月のサービス開始から6カ月で1000万人を突破し、その後わずか1カ月で500万人も増やした。国内の交流サイト(SNS)や携帯電話向けゲームサイトが1000万人達成に要した期間はGREEが61カ月、mixiが39カ月、mobage(モバゲー)が26カ月。海外SNSではフェイスブックが28カ月、ツイッターが26カ月かかっている。

LINEの累計ダウンロード数の推移。1月末時点で過半数の約850万人が海外ユーザー
画像の拡大

LINEの累計ダウンロード数の推移。1月末時点で過半数の約850万人が海外ユーザー

 LINEの実績はスマホがいかに強い波及力を備えるかを如実に物語る。1月25日に発生したNTTドコモの大規模通信障害で、ドコモが原因として音声通話ソフトの「VoIP」の普及を挙げたことから、「LINEが原因じゃないか」と噂されたほど存在感は大きい。今や「スカイプ」に勝るとも劣らないVoIPの代名詞となった。

 何より驚かされるのが海外での普及。1500万人のうち過半数の57%、850万人超が海外ユーザーだ。アジア各国・地域はじめ、中東、アフリカ、南アメリカなど世界中に広がっている。最近では、スイス、ドイツ、オーストリアのアプリランキングでも上位に浮上、欧州での普及も目覚ましい。しかも、サービスを月に1回利用する「アクティブユーザー」の比率は約90%。そんな和製サービスは初めてだ。

■「スマホでは楽に国境を越えられる」

 「パソコン向けのサイトは、なかなか海外からユーザーが来てくれない。でも、スマホでは楽に国境を越えられる」――。

 LINEを開発したNHN Japan(東京・品川)でLINE事業を統括する執行役員の舛田淳は、今となってはそう語る。だが、「当初は驚きの連続だった」とも打ち明ける。当初目標は11年内に100万人。それが「蓋を開けたら10倍。しかも突然、アラビア語で問い合わせのメールが来たりして、かなり焦りました」

 もともとLINEは、NHN Japan傘下のネイバージャパンで企画・開発されたサービス。NHN、ネイバーは今年1月に事業統合したため、現在の運営企業はNHNとなる。ともに韓国ネット企業の日本法人。そのため、LINEは「韓国産」と勘違いされることもあるというが、日本で企画され、日本で作られた「純国産」である。「韓国本社が“逆輸入”を決めた時は『よしっ』と思った」。舛田はそう笑う。

 このLINE、「何か新しいSNSができないか」という素朴なエンジニアの欲求が起点だった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 6ページ
  • 7ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

スカイプエバーノート7notesLINEフェイスブックVoIPネイバージャパンツイッターNHN JapanmiximobageジャストシステムソニーMetaMojiアップルiPhoneiPadiOSAndroidアンドロイド

日本勢、世界への挑戦は?

【PR】

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年7月22日付

2016年7月22日付

・大型プロジェクター レーザー光源で電力抑制 バルコ
・任天堂復活、陰に故岩田氏 「ポケモンGO」世界的ヒット
・世紀東急工業、凍結防止の舗装+旋律
・汚泥発電、余剰電力2割増 タクマがシステム 蒸気を効率回収
・アーク溶接ロボにAI 安川電機
…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト