日本経済新聞

3月1日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

National Geographic

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ナショジオが選んだ、世界の「透明で美しい湖」
極上の世界旅行

(1/2ページ)
2014/8/10 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

ナショナルジオグラフィック日本版

 生涯忘れられない、一生に一度だけの旅がしたい――ナショナル ジオグラフィックが誇る旅の達人と写真家が、そんな夢を実現できる旅先を厳選しました。さて暑い夏、涼を求めて高原や湖に出かける人も多いのでは? 今回は、山も水辺も一度に楽しめる、世界各地にある美しい湖5カ所を紹介しましょう。

■1:ブレッド湖(スロベニア)

 旧ユーゴスラビアの1国スロベニアには、北西部のユリアン・アルプスの山中に、ブレッド湖という美しい氷河湖があります。湖に浮かぶ小島ブレッド島に立つ聖マリア教会は、もともと12世紀に建造されましたが、現在残っているのは15世紀に建てられたもの。スロベニア式の木製水上タクシー、プレトナに乗ってのんびり島に渡り、見学に行きましょう。湖の北岸の岩山の上にそびえる11世紀建造のブレッド城も必見です。

スロベニア北西部の山中にあるブレッド湖は、この国随一の風光明媚な場所。手前にあるブレッド島には聖マリア教会が、奥の岩山の上にはブレッド城が立つ(写真:Fesus Robert/Shutterstock)
画像の拡大

スロベニア北西部の山中にあるブレッド湖は、この国随一の風光明媚な場所。手前にあるブレッド島には聖マリア教会が、奥の岩山の上にはブレッド城が立つ(写真:Fesus Robert/Shutterstock)

■2:バイカル湖(ロシア)

 ロシア東南部、モンゴルにほど近いシベリアの大地で、深く静かに澄んだ水をたたえるバイカル湖。三日月形のこの湖は、2500万年前に形成された世界最古の湖で、水深も1637メートルと最深です。バイカル湖の魅力は、湖とその周囲に広がる貴重な生態系。淡水に生息する唯一のアザラシであるバイカルアザラシや湖水を浄化する甲殻類カイアシの仲間、オオカミ、クマ、トナカイなど、生息する動物の種類は、実に1200種。グレート・バイカル・トレイルをめぐれば、素晴らしい自然の一端を体験することができます。

ロシア東南部、シベリアの大地で青く輝くバイカル湖。世界最古で最も深いこの湖は、2500万年前に形成された(写真:Aaron Huey/National Geographic Creative)
画像の拡大

ロシア東南部、シベリアの大地で青く輝くバイカル湖。世界最古で最も深いこの湖は、2500万年前に形成された(写真:Aaron Huey/National Geographic Creative)

■3:タホ湖(米国カリフォルニア州/ネバダ州)

 米国西部、カリフォルニア州とネバダ州にまたがるタホ湖は、幅35キロと山中にある湖としては北米最大です。周囲には雪を頂く標高3000メートル前後の山々がそびえ、青く透き通った水は透明度が高いことで有名です。この美しい湖を堪能するには、カヤックでめぐるのがおすすめ。ガイド付きのカヤックツアーに参加するもよし、カヤックを借りて自由に探検するもよし。湖畔の宿を結ぶロッジ・トゥ・ロッジ・ネットワークが充実しているので、日中は舟をこぎ、夜には岸に上がり、夕食を取りながら体を休めるといった旅もできます。

米国カリフォルニア州とネバダ州にまたがるタホ湖のエメラルド・ベイ。夕暮れの光があたりを満たし、透明な水がガラスのようなつややかさを帯びる(写真:Phil Schermeister/National Geographic Creative)
画像の拡大

米国カリフォルニア州とネバダ州にまたがるタホ湖のエメラルド・ベイ。夕暮れの光があたりを満たし、透明な水がガラスのようなつややかさを帯びる(写真:Phil Schermeister/National Geographic Creative)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ナショナル ジオグラフィック、湖

ナショナル ジオグラフィックの関連記事

【PR】

【PR】

National Geographic 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

フジノドシロメジリハチドリ(アマツバメ目:ハチドリ科)のオス 
A male Purple-throated Mountain-gem, Lampornis calolaemus 
ニカラグアの南西部からパナマの西側の裾野から高山にかけて生息。コスタリカでは、カリブ海側の標高1000~2500mでよく見かけられる(体長:約10cm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ)

National Geographic

チョロチョロ…ヘビのように舌を出すハチドリ

 ハチドリというと、日本のみなさんには「珍鳥」かもしれない。でもコスタリカでは、日常的に見かける鳥。なかでもぼくが住んでいるラボの周辺で最もよく出会うのが、写真のフジノドシロメジリハチドリ。前回の「…続き (3/1)

探査機ニュー・ホライズンズのイメージ図。背景に冥王星とその衛星カロン
(NASA/JHU APL/SwRI/Steve Gribben)

National Geographic

ガラリと変わった太陽系 2015年は冥王星に注目

 2015年、無人探査機ニュー・ホライズンズが史上初めて冥王星に接近する。2006年にNASA(米航空宇宙局)が打ち上げたこの探査機は、9年の旅を経て探査を開始する。…続き (2/22)

建設途中で放置されたホテルが、フェンスに囲まれたバローシャの海岸沿いの通りに並んでいる。トルコ系キプロス人の兵士が巡回しており、危険を冒して塀を乗り越えようとする観光客はまずいない  (c)Julienbzh35

National Geographic

国家分裂で時が停止 キプロス島のゴーストタウン

 地中海に浮かぶキプロス島のバローシャは、かつて世界屈指の人気を誇るリゾートだった。しかし今、バローシャへは立ち入れない。フェンスに隔てられ、無人のまま、華麗な街は廃虚と化してうち捨てられている。…続き (2/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について