日経ヘルス&メディカル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ペットボトルでOK 100円炭酸水ヘッドスパで頭皮スッキリ

(1/3ページ)
2012/10/14 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 二酸化炭素を溶け込ませた水が「炭酸水」。この炭酸水を肌や頭皮に使うと、うれしい効果があるとわかってきた。

 秘密は「二酸化炭素の血行促進効果にある」と話すのは、炭酸水を研究する国際医療福祉大学の前田眞治教授。「血流量が増えれば酸素の供給が増えて細胞が活性化し、肌の新陳代謝(ターンオーバー)も良くなる」(前田教授)。

 加えて、炭酸水の気泡に汚れを取り去る性質があることもわかってきた。皮脂や角質などの汚れを落とすのに活躍してくれる。これら二つの作用から、毛穴が引き締まったり、頭皮がスッキリしたりするようだ。

………………………………………………………………………

5分ほどで血流がアップ  人工炭酸泉を用いた入浴での実験。炭酸濃度の異なる41℃の温水に15分浸かり、100gの組織内における1分間あたりの血流量を調べた。炭酸濃度が濃いほど血流量は増えた。1000ppm(ほぼ飽和状態)の炭酸泉の場合、水道水に比べて血流量は2倍以上に増えた。(グラフ:前田教授)
画像の拡大

5分ほどで血流がアップ  人工炭酸泉を用いた入浴での実験。炭酸濃度の異なる41℃の温水に15分浸かり、100gの組織内における1分間あたりの血流量を調べた。炭酸濃度が濃いほど血流量は増えた。1000ppm(ほぼ飽和状態)の炭酸泉の場合、水道水に比べて血流量は2倍以上に増えた。(グラフ:前田教授)

~炭酸水はどうして効くの? 炭酸水の美容効果~

1.血行が良くなる

 二酸化炭素は細胞にとっていわば“老廃物”。そのため、炭酸水に含まれる二酸化炭素が皮膚から吸収されると、二酸化炭素を排出しようと毛細血管中から血管を広げる物質が分泌され、血行が良くなる。

 その結果、酸素や栄養素も積極的に細胞に供給されることになる。炭酸水に肌を浸して3~5分で血管が拡張すると考えられる。吸収された二酸化炭素は体内で発生した二酸化炭素と同じく、静脈で運ばれ、最終的には肺で交換され呼気から排出される。

 

2.汚れを落とす

 ペットボトルの炭酸水は、飽和状態を超えて二酸化炭素を水に溶け込ませたもの。開封して圧力が下がると、溶け込めなくなった二酸化炭素が一気に気泡になる。この気泡ができて水面へと浮かび上がる際、油汚れなどをスポイトで吸いとるように気泡に内包し、取り去る。皮脂や古い角質も取り除ける。

………………………………………………………………………

■ペットボトル炭酸水でOK

 しかも、炭酸水を使った美容法は市販のペットボトル炭酸水でも実現できる。以下では自宅でできる炭酸水の頭皮ケアの方法を紹介しよう。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

前田眞治、炭酸水、頭皮、二酸化炭素、ヘッドスパ

大切にしたい 頭皮・頭髪の手入れ

スキンケアにも注意

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

日経ヘルス&メディカル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

(イラスト:江田ななえ、以下同)

おしっこの色が濃くなったら…それは脱水のサイン [有料会員限定]

紀元前の古代エジプトで、糖尿病はすでに、おしっこにアリが群がる病気として文献に記載されていたそうです。おしっこから、体の不調や病気がわかります。注目ポイントは色、頻度、量、におい、そして泡です。…続き (8/30)

(画像提供:奥野センター長)

原因不明のしつこい痛み 犯人は「もやもや血管」かも

 病気やケガは治ったのに、あるいは思い当たる原因がないのに、いつまでも痛みが続く。しかし、病院でレントゲン検査などを行っても異常なしと言われる。そんな「慢性痛」の原因の一つが、局所に発生した微細な血管…続き (8/23)

(イラスト:いいあい)

脂肪肝に効く「1日30分の速歩」 コーヒーも効果的

 脂肪肝の患者は国内に約1000万人いるといわれる。その1~2割は慢性的な炎症を起こす非アルコール性脂肪肝炎(NASH)という病気に移行するが、自覚症状はない。NASHになると命を脅かす肝硬変や肝がん…続き (8/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]