Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

グーグル・グラスは「秘書」 生活して分かった存在価値
ウエアラブル端末時代の幕開け(1)

(1/4ページ)
2014/3/18 7:00
保存
印刷
その他

 「ポスト・スマートフォン(スマホ)」として、にわかに注目度が高まっている身に着ける情報端末、いわゆるウエアラブル端末。その代表的な存在と言えるのが、米Google(グーグル)が開発を進めているメガネ型端末「Google Glass(グーグル・グラス)」だ。すでにGoogle Glassを試用した一部の開発者からは、「デジタル・ライフが一変した」との声も聞こえてくる。本当にそうなのか、もし普及したら我々の生活をどう変えていく可能性があるのか――。Google Glassを購入して「グラス生活」を送っている、米シリコンバレー在住のベンチャークレフ代表・宮本和明氏に、3回にわたって解説してもらう。同氏は、「Google Glassはクールなガジェットではなく、まさに生活必需品である」と語る。

 Google Glassをかけて生活し、異次元のデジタル・ライフに足を踏み入れた。Google Glassとナビゲーション機能の連携は予想以上に便利で、自動車内で新しいマンマシン(人間と機械間)インタフェースが生まれつつある。

 Google Glassに引きつけられた主因は音声操作で、語りかけて瞬時に情報にアクセスできる。さらに、これをかけて街を歩いていると、こちらが欲しいと思っている情報を先読みし、ディスプレイに表示する。Google Glassは消費者にとって便利なだけでなく、ビジネスの観点からは、究極の広告配信メディアとなる。

■欲しい情報を先回りして表示

 Google Glassをかけて生活していると、私が尋ねなくても欲しい情報が手に入る。例えばお昼時、米サンフランシスコ対岸のサウサリトを歩くと、Google Glassが近くの人気レストランを教えてくれる。

出典:VentureClef、以下同じ
画像の拡大

出典:VentureClef、以下同じ

 上の写真がその様子で、すぐ近くに「The Trident」というシーフード・レストランがあると、文字と写真で案内する。お腹が空いた時に、近くの人気レストランが表示されると、そちらに足が向く。

 これは「Google Now」をGoogle Glassに実装したもので、利用者の位置と時間に応じて、最適な情報を配信する機能である。Google Nowは人間の秘書のように、利用者が欲している情報を先読みしてプッシュするサービスだ。

■フライトを確認し試合結果を把握

画像の拡大

 Google Nowは利用者のスケジュールを把握し、フライト情報を表示することもできる(右の写真)。例えば、「ロスアンゼルスからサンフランシスコまで、8:17発のユナイティッド航空788便で飛ぶ」予定の場合、とGoogle Glassがフライトの運行状況を確認してくれる。空港に向かう前、Google Glassで、飛行機が予定時間(On time)に出発するかどうかをチェックできる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

GoogleGoogle Glassスマートフォンウエアラブル端末

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

チャットbot(左)、LINE(右)を相談ツールとして活用する取り組みが目立つ

住宅ローン借り換え、「チャットボット」相談で成約増 [有料会員限定]

 住宅ローン借り換えコンサルティングサービスを展開するフィンテックベンチャー企業のMFS(東京・千代田区)は、同社が提供する住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」に住宅ローン相談ができるチャットbo…続き (1/16)

図2 B777X向けの新しい組み立て工場の内部。装置の据え付けは段階的に始まっており、自動打鋲機のテストなどを既に実施している

空飛ぶスバルの新工場 自動化、IoTで生産性5割向上へ [有料会員限定]

 「SUBARU(スバル)」ブランドの自動車メーカーとしてのイメージが強い富士重工業(以下、富士重工)。2017年4月には社名自体も世界的に知名度が高いSUBARUへの変更を予定する。そんな同社のもう…続き (1/16)

図1 Joinではスマホを使って、チャットや医用画像の共有、手術室内の映像共有などが可能(高尾氏の資料を基に日経デジタルヘルスが作成)

スマホアプリで挑む脳梗塞「時間との闘い」

 「時間との勝負」である脳血管疾患治療にスマートフォン(スマホ)アプリで挑む。東京慈恵会医科大学付属病院が導入した「Join」は、こうした狙いで開発されたアプリだ。今後、医療現場でのスマホやアプリの活…続き (1/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月17日付

2017年1月17日付

・店舗・社内報など、公式アプリ割安制作 アプリクッキング
・移植用の肝臓2倍長持ち 石原産業
・アルミ純度保つ鋳造機 車部品向け 古河機械金属など
・明電舎 下水管の防災監視サービス、IoTで通信費10分の1
・スミロン 車体保護フィルムを開発…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト