日本経済新聞

7月31日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

グーグル・グラスは「秘書」 生活して分かった存在価値
ウエアラブル端末時代の幕開け(1)

(1/4ページ)
2014/3/18 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「ポスト・スマートフォン(スマホ)」として、にわかに注目度が高まっている身に着ける情報端末、いわゆるウエアラブル端末。その代表的な存在と言えるのが、米Google(グーグル)が開発を進めているメガネ型端末「Google Glass(グーグル・グラス)」だ。すでにGoogle Glassを試用した一部の開発者からは、「デジタル・ライフが一変した」との声も聞こえてくる。本当にそうなのか、もし普及したら我々の生活をどう変えていく可能性があるのか――。Google Glassを購入して「グラス生活」を送っている、米シリコンバレー在住のベンチャークレフ代表・宮本和明氏に、3回にわたって解説してもらう。同氏は、「Google Glassはクールなガジェットではなく、まさに生活必需品である」と語る。

 Google Glassをかけて生活し、異次元のデジタル・ライフに足を踏み入れた。Google Glassとナビゲーション機能の連携は予想以上に便利で、自動車内で新しいマンマシン(人間と機械間)インタフェースが生まれつつある。

 Google Glassに引きつけられた主因は音声操作で、語りかけて瞬時に情報にアクセスできる。さらに、これをかけて街を歩いていると、こちらが欲しいと思っている情報を先読みし、ディスプレイに表示する。Google Glassは消費者にとって便利なだけでなく、ビジネスの観点からは、究極の広告配信メディアとなる。

■欲しい情報を先回りして表示

 Google Glassをかけて生活していると、私が尋ねなくても欲しい情報が手に入る。例えばお昼時、米サンフランシスコ対岸のサウサリトを歩くと、Google Glassが近くの人気レストランを教えてくれる。

出典:VentureClef、以下同じ
画像の拡大

出典:VentureClef、以下同じ

 上の写真がその様子で、すぐ近くに「The Trident」というシーフード・レストランがあると、文字と写真で案内する。お腹が空いた時に、近くの人気レストランが表示されると、そちらに足が向く。

 これは「Google Now」をGoogle Glassに実装したもので、利用者の位置と時間に応じて、最適な情報を配信する機能である。Google Nowは人間の秘書のように、利用者が欲している情報を先読みしてプッシュするサービスだ。

■フライトを確認し試合結果を把握

画像の拡大

 Google Nowは利用者のスケジュールを把握し、フライト情報を表示することもできる(右の写真)。例えば、「ロスアンゼルスからサンフランシスコまで、8:17発のユナイティッド航空788便で飛ぶ」予定の場合、とGoogle Glassがフライトの運行状況を確認してくれる。空港に向かう前、Google Glassで、飛行機が予定時間(On time)に出発するかどうかをチェックできる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

Google、Google Glass、スマートフォン、ウエアラブル端末

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ロボット「ペッパー」を発表するソフトバンクの孫社長(6月、千葉県浦安市)

「始まりはクレージーな考え方」「すぐ行動に移そう」

 ベンチャーキャピタルのB Dash Ventures(東京・港)が17~18日に開いたイベントで対談した久多良木健氏と孫泰蔵氏。話題は孫氏の実兄であるソフトバンクの孫正義社長が力を入れるロボット、久…続き (7/30)

久多良木健氏(右)と孫泰蔵氏がネットや起業について対談した

「ネットは妄想実現システムだ」「スマホの成功体験捨てる」

 ベンチャーキャピタルのB Dash Ventures(東京・港)が17~18日に福岡市で開いたイベントで、「プレイステーション(PS)の父」として知られる久多良木健氏と、オンラインゲーム大手、ガンホ…続き (7/29)

[左]図2 FOMMコンセプトOne。全長2495×全幅1295×全高1550mm。欧州の超小型車規格「L7」準拠を目指している。全幅と全長は軽自動車の3分の2程度である。東南アジアの狭い道路事情を考慮してスライドドアを採用。車両質量は460kgと軽く、1回のフル充電で約100km走る
[右]図3 運転席の周辺。ステアリングはバイクと同じように両手で操作する。KYB製のEPS(電動パワーステアリング)でアシストしている。フットペダルはない。ハンドルの前に蓄熱式簡易クーラーの吹き出し口が見える。これは乗車前に充電ケーブルからの電力で断熱容器の中の冷媒を冷やしておき、走行中に冷風を出す装置。エアコンを使わないのでバッテリーを節約できる

水上走行できる超小型EV 低価格で新興国攻略へ [有料会員限定]

 小型電気自動車(EV)の企画・開発などをするFOMM(神奈川県川崎市)は2014年2月、東南アジアなどの新興国市場に向けた超小型EVのコンセプト車「FOMMコンセプトOne」を発表した。今後、この企…続き (7/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年7月31日付

2014年7月31日付

・「ファスト農業」に商機 作物1カ月で収穫も 育苗大手が支援
・パナソニックの監視カメラ 暗闇でも鮮明に撮影
・大日印、新手法で事業創出支援 疑似体験を活用
・日産、米オレゴン州でEV商用車の実証実験
・神鋼、舵用部品6割強く 大型船向け 合金改良で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について