働き方・人間関係

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

譲れる欠点、譲れない欠点は? 「結婚していい」相手の見極め方

(1/5ページ)
2012/10/10 6:41
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
リプリント
共有

 決断力がない、遊んでいそう、無口…。気になる異性、付き合っているパートナーのちょっと「気になる部分」。そのポイント、目をつぶって結婚してもいいのか、それとも避けたほうがいいNGポイントなのか迷っている人も多いのでは。気にしすぎてチャンスを逃すのも避けたいし、後で「こんなはずでは」と思うのも避けたいもの。許せるポイント、NGポイントの見極め方を専門家に聞きました。

 「彼の浮気が絶えません。今はほか…

関連キーワード

結婚、マザコン、モラハラ、DV

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

働き方・人間関係 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

平日夜、地域活動について語り合う会社員ら(東京都文京区の東洋大学)

地域活動に「コミュリーマン」、会社員でもゆるく貢献 [有料会員限定]

 平日は帰宅が遅く、住んでいる街とは縁遠いとみられていた現役世代の男性会社員が、地域の活動に参加し始めた。既存の自治会などではなく、交流サイト(SNS)で情報を得て活動するなど、若い世代でも参加しやす…続き (8/24)

ゲンバ男子の撮影には大阪産業創造館の山野千枝チーフプロデューサー(左)らが立ち合う(大阪市住之江区のフジムラ)

町工場で働くイケメン 「ゲンバ男子」に脚光

 「きつい、汚い、危険」という3Kの印象が若者を遠ざけていた中小製造業。しみついたイメージの刷新をねらうプロジェクトが大阪から全国各地に広がり始めた。名付けて「ゲンバ男子」。町工場で働くかっこいい若手…続き (8/24)

働く女性にとってはマタハラ対策の有無がワークライフバランスを決める

マタハラ、既に法の網 行為防止が新たな焦点 [有料会員限定]

 妊娠や出産を機に職場を解雇されたり、精神的・肉体的ないやがらせを受けたりするマタニティーハラスメント(マタハラ)が、安倍晋三首相が「根絶」を表明するまでに問題化している。ただマタハラ行為が労働法の積…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]