Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新興国で台頭する地場メーカーの「100ドルスマホ」
世界のモバイル通信事情(1)

(1/3ページ)
2013/12/24 7:00
保存
印刷
その他

 2013年7月に米スプリント・ネクステル(現スプリント)を買収したソフトバンク。2013年10月にはガンホー・オンライン・エンターテイメントと共同でフィンランドのゲーム会社、さらには携帯電話端末の卸売事業で世界最大規模の米社をそれぞれ傘下に収めると発表した。ソフトバンクに限らず、NTTドコモやKDDIもグローバル展開を強化している。こうした動きの背景にあるのは、国内市場の成熟化だ。各社が海外展開に力を入れるのは自然の流れで、今後はボーダレス化の動きがさらに加速していく。今や、通信業界に携わる人も一般ユーザーも、海外の動向を把握しておくことは不可欠になってきた。連載「世界のモバイル通信事情」では、一般ユーザーになじみが深い「携帯電話端末市場」「公衆無線LAN」「モバイル決済」「モバイルヘルス」という4つの動向について、情報通信総合研究所の研究員が解説する。今回は、「携帯電話端末市場」について紹介しよう。
(日経コミュニケーション)

 大手メーカーの事業撤退や縮小が相次ぐ日本の携帯電話端末市場。だが、世界ではスマートフォン(スマホ)を中心にまだ成長が見込める。中でも期待が高いのは、新興国市場。米IDCによると、2017年にスマートフォンの年間出荷台数はブラジルで129.4%、インドで459.7%(ともに2013年との比較)も伸びる見通しである(表1)。世界の様々な端末メーカーが虎視眈々(こしたんたん)と狙っているような状況だ。新興国では地場メーカーの活躍も目覚ましく、中古端末も手ごわいライバルとなりそうだ。

表1 主要国におけるスマートフォンの出荷台数予測

表1 主要国におけるスマートフォンの出荷台数予測

■新興国で地場メーカーが躍進

 米ガートナーによると、2012年の世界の携帯電話販売台数は約17億4618万台(表2)。韓国サムスン電子、フィンランドのノキア、米アップルの上位3社だけで全体の約半分のシェアを占める。これに対して日本は、MM総研によると出荷台数ベースの2012年度実績で4181万台(表3)。全世界の2%強の市場規模しかなく、世界6位の中国華為技術(ファーウェイ)の年間販売台数より少ないのが実情である。その国内もアップルやサムスン電子といった海外勢が伸びている。

表2 世界の携帯電話販売台数シェア(2012年、累計販売台数は17億4618万台)

表2 世界の携帯電話販売台数シェア(2012年、累計販売台数は17億4618万台)

表3 日本の携帯電話出荷台数シェア(2012年度、累計出荷台数は4181万台)

表3 日本の携帯電話出荷台数シェア(2012年度、累計出荷台数は4181万台)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

チャットbot(左)、LINE(右)を相談ツールとして活用する取り組みが目立つ

住宅ローン借り換え、「チャットボット」相談で成約増 [有料会員限定]

 住宅ローン借り換えコンサルティングサービスを展開するフィンテックベンチャー企業のMFS(東京・千代田区)は、同社が提供する住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」に住宅ローン相談ができるチャットbo…続き (1/16)

図2 B777X向けの新しい組み立て工場の内部。装置の据え付けは段階的に始まっており、自動打鋲機のテストなどを既に実施している

空飛ぶスバルの新工場 自動化、IoTで生産性5割向上へ [有料会員限定]

 「SUBARU(スバル)」ブランドの自動車メーカーとしてのイメージが強い富士重工業(以下、富士重工)。2017年4月には社名自体も世界的に知名度が高いSUBARUへの変更を予定する。そんな同社のもう…続き (1/16)

図1 Joinではスマホを使って、チャットや医用画像の共有、手術室内の映像共有などが可能(高尾氏の資料を基に日経デジタルヘルスが作成)

スマホアプリで挑む脳梗塞「時間との闘い」

 「時間との勝負」である脳血管疾患治療にスマートフォン(スマホ)アプリで挑む。東京慈恵会医科大学付属病院が導入した「Join」は、こうした狙いで開発されたアプリだ。今後、医療現場でのスマホやアプリの活…続き (1/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月24日付

2017年1月24日付

・バンヤンツリー 中米に熱い視線
・半導体、低温成膜を補修 日立国際電気が製造装置
・宇宙機器に民力 新たな挑戦の場に
・ボッシュ 車載ワイヤハーネス2割軽量に
・認知障害の疑い TV電話で医師が診療…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト