おでかけナビ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

お得なのは「100円のS」 コンビニコーヒー徹底検証

(1/3ページ)
2014/7/12 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

日経トレンディ

 2013年、セブン-イレブンがいれたてコーヒーの「セブンカフェ」を本格展開し、一気に浸透したコンビニコーヒー。2014年の大手5社の販売計画は合計で13億杯と、前年の約2倍に拡大。中でも年6億杯の販売数を目指すセブンは、「2013年夏はアイスコーヒー用の氷の供給が間に合わず、後半かなりの需要を取りこぼした。氷の仕入れ先を2社にしたり、マシンの複数台設置を進めたりと、今夏は万全な体制で臨む」(セブン-イレブン・ジャパン常務の鎌田靖氏)。

 消費増税後もセブンはホット、アイスともにレギュラーサイズのコーヒーを税込み100円に据え置いた。ファミリーマートやミニストップは、アイスコーヒーのSサイズ(税込み100円)を新たに投入して対抗している。

■コンビニ各社が夏向けの新メニューを投入

 いれたてコーヒー以外の魅力的なカフェメニューはローソンの独壇場だったが、2014年夏は他チェーンも参入。代表例が、ファミマの「カフェフラッペ」(税込み250円)だ。ミルクコーヒー味のかき氷にエスプレッソ抽出のコーヒーを注ぐ商品で、「先行発売した沖縄県では、通常のコーヒーに上乗せして1日平均20杯が売れた。全国展開で一気に杯数を伸ばす」(ファミリーマート商品本部の藤崎洋一氏)と意気込む。

 その他、ミニストップがSサイズのアイスコーヒーにソフトクリームを載せた「コーヒーフロート」(税込み180円)、サークルKサンクスが「大和園 ジャスミン茶」(同154円)などを追加しており、基本のコーヒーに絞るセブンに対し、各社が工夫を凝らす。

コンビニコーヒー戦争も2年目に突入し、各社がメニューをてこ入れ。ローソンやミニストップは今年、使用する豆や焙煎具合を変更。サークルKサンクスもアイスコーヒーの豆の配合を変えたうえ、高級版の「バリブレンド」を追加。カフェメニューでは、ファミリーマートが「カフェフラッペ」を投入した他、ローソンは一部店舗でスパークリングワインをイメージしたノンアルコールの炭酸飲料を試す
画像の拡大

コンビニコーヒー戦争も2年目に突入し、各社がメニューをてこ入れ。ローソンやミニストップは今年、使用する豆や焙煎具合を変更。サークルKサンクスもアイスコーヒーの豆の配合を変えたうえ、高級版の「バリブレンド」を追加。カフェメニューでは、ファミリーマートが「カフェフラッペ」を投入した他、ローソンは一部店舗でスパークリングワインをイメージしたノンアルコールの炭酸飲料を試す

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクス、ミニストップ、コーヒー

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

おでかけナビ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

出荷間近の丸ナスを確認する橋立春雄さん(糸魚川市)

新潟の夏を告げる個性的なナス

 夏野菜の代表格ナスが出荷の最盛期を迎えている。作付面積日本一を誇る新潟県のスーパーではこの時期、複数のナスが店頭に並ぶ。和洋中を問わず、煮ても焼いても揚げても持ち味を損なわない万能野菜。県内で栽培さ…続き (7/29)

「鹿屋アスリート食堂」は36席(店内24席/テラス12席)。15皿のメニューから一汁一飯三菜を選んで組み合わせる「バランス定食」(970円)が人気。

緑地が広大な品川シーズンテラスはランナーにも魅力

 2027年の開業を目指すリニアモーターカーの「東京都ターミナル駅」や40年ぶりの山手線の新駅の話題で盛り上がる品川駅周辺エリア。国際戦略総合特区「アジアヘッドクォーター特区」のひとつにも指定され、東…続き (7/25)

ラーメン店の吉山商店とコラボするGARAKU

札幌・スープカレーに第3世代

 10年ほど前に東京でもブームが起きたスープカレー。発祥の地、札幌では広く定着している。200店程度が競い合うといわれ、家庭の定番メニューにもなりつつある。進化を遂げ、海外にも進出しており、ラーメンと…続き (7/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]