日本経済新聞

10月23日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

おでかけナビ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

お得なのは「100円のS」 コンビニコーヒー徹底検証

(1/3ページ)
2014/7/12 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

日経トレンディ

 2013年、セブン-イレブンがいれたてコーヒーの「セブンカフェ」を本格展開し、一気に浸透したコンビニコーヒー。2014年の大手5社の販売計画は合計で13億杯と、前年の約2倍に拡大。中でも年6億杯の販売数を目指すセブンは、「2013年夏はアイスコーヒー用の氷の供給が間に合わず、後半かなりの需要を取りこぼした。氷の仕入れ先を2社にしたり、マシンの複数台設置を進めたりと、今夏は万全な体制で臨む」(セブン-イレブン・ジャパン常務の鎌田靖氏)。

 消費増税後もセブンはホット、アイスともにレギュラーサイズのコーヒーを税込み100円に据え置いた。ファミリーマートやミニストップは、アイスコーヒーのSサイズ(税込み100円)を新たに投入して対抗している。

■コンビニ各社が夏向けの新メニューを投入

 いれたてコーヒー以外の魅力的なカフェメニューはローソンの独壇場だったが、2014年夏は他チェーンも参入。代表例が、ファミマの「カフェフラッペ」(税込み250円)だ。ミルクコーヒー味のかき氷にエスプレッソ抽出のコーヒーを注ぐ商品で、「先行発売した沖縄県では、通常のコーヒーに上乗せして1日平均20杯が売れた。全国展開で一気に杯数を伸ばす」(ファミリーマート商品本部の藤崎洋一氏)と意気込む。

 その他、ミニストップがSサイズのアイスコーヒーにソフトクリームを載せた「コーヒーフロート」(税込み180円)、サークルKサンクスが「大和園 ジャスミン茶」(同154円)などを追加しており、基本のコーヒーに絞るセブンに対し、各社が工夫を凝らす。

コンビニコーヒー戦争も2年目に突入し、各社がメニューをてこ入れ。ローソンやミニストップは今年、使用する豆や焙煎具合を変更。サークルKサンクスもアイスコーヒーの豆の配合を変えたうえ、高級版の「バリブレンド」を追加。カフェメニューでは、ファミリーマートが「カフェフラッペ」を投入した他、ローソンは一部店舗でスパークリングワインをイメージしたノンアルコールの炭酸飲料を試す
画像の拡大

コンビニコーヒー戦争も2年目に突入し、各社がメニューをてこ入れ。ローソンやミニストップは今年、使用する豆や焙煎具合を変更。サークルKサンクスもアイスコーヒーの豆の配合を変えたうえ、高級版の「バリブレンド」を追加。カフェメニューでは、ファミリーマートが「カフェフラッペ」を投入した他、ローソンは一部店舗でスパークリングワインをイメージしたノンアルコールの炭酸飲料を試す

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクス、ミニストップ、コーヒー

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

おでかけナビ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新宮では脂の落ちたサンマが使われる。手前左は30年物。ほとんど原形をとどめていない

紀州なれずし たまらない香り

 すしといえば、頭に浮かぶのは江戸前の握り。海に面し、長い海岸線を持つ和歌山県でも、新鮮な魚介類は県外にもアピールできる人気の県産品だ。しかし紀州を代表する郷土料理となると、なれずしをおいてほかにない…続き (10/22)

QQイングリッシュ セブ校の授業風景。カフェ風のブースが特徴

15万円で1カ月英語漬け 欧米の半額、激安セブ島留学

 今、フィリピンが激安の語学留学先として脚光を浴びている。大半のスクールはリゾート地のセブ島にあり、留学費用は3食付きの寮に滞在して…続き (10/11)

商品を手に取ると、その商品の画像がディスプレー上に表示され、画面がさまざまに変化する「インプレッションウォール」

これぞ体験型、デジタル技術満載の最先端ショップ

 オンワード樫山は2014年8月30日、米国ニューヨーク発のセレクトショップ「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」の関西1号店を、大阪梅田の商業施設「NU(ヌー)茶屋町」2階に…続き (10/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について