エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ニコニコ動画で高評価、躍進する「動画師」たちの作品力
日経エンタテインメント!

(1/2ページ)
2013/4/15 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 動画配信サイトの「ニコニコ動画(ニコ動)」で公開される動画は、数が多く玉石混交の感は否めない。しかし、ユーザーからの評価を得るためにクリエーターが競い合う中で、質の高い作品が次々と生まれている。ニコ動を経てプロに転出する例も少なくない。今回はニコ動で人気を集める動画コンテンツの傾向と注目を集める人気制作者を紹介する。

 毎日数千件以上の動画がユーザーから投稿され、その総数は運営側でも把握できないという「ニコニコ動画(ニコ動)」。人気の動画は100万回以上再生されることもある。主流はイラストやCGを駆使したもの。ニコ動内で使われている「動画師」という言葉は、実写ではなく、これら「絵もの」の動画制作者を指すことが多い。

注目のニコ動クリエーター(その1:イラスト・CG系)
画像の拡大

注目のニコ動クリエーター(その1:イラスト・CG系)

 ニコニコユーザー文化推進セクションの「あべちゃん」こと阿部大護氏によれば、動画師の活動が活発になったのは2009年ごろからという。初期のニコ動では、ボーカロイドを使ったメジャー音楽作品を投稿したり、聴いたりする目的で使うユーザーが多かった。次第に「絵師」が描いたイラストをバックにした音楽作品が増加。さらに、静止画1枚の画面に飽き足らなくなったユーザーたちが求めたのが、イラストや歌詞テロップを音楽に合わせて動かし、その世界観を作り上げる動画師の存在だった。

 音楽から映像、そして動画へという順番で成り立った経緯があるため、動画師は絵師や音楽制作者と組んで作品を作る人がほとんど。「ニコ動の文化は、個人で、趣味で作品を作っていた人たちが集まって作り上げたもの。インターネットというツールを通してコミュニケーションを取り、それぞれの役割を補いながら作品を作っている」(阿部氏、以下同)。

 動画師の制作方法は、フリーソフトなどを使ってイラストを動かすタイプと、「MMD(MikuMikuDance)」などのCG制作ソフトを使いキャラクターをポリゴンで動かしてCG化するタイプに大別される。三重の人氏やke‐sanβ氏は前者、cort氏やビームマンP氏は後者だ。

 こうした映像作品にも、イラストや音楽のような同人マーケットがある。動画の作り手たちは、同人誌即売会の「コミックマーケット(コミケ)」や、「ボーマス(THE VOC@LOiD M@STER)」と呼ばれるボーカロイド専門の同人イベントでDVDの販売を行う。

 また、ニコ動で作品を投稿したことをきっかけにメジャーシーンで起用されたクリエーターもいる。有名なのは、ボーカロイドの初音ミクが登場する作品などでファンを獲得し、現在は映像ディレクターとしてミュージッククリップなどの制作を手がけるわかむらP氏。2月からは、cort氏を中心にニコ動で活躍するクリエーターがMMDを使って制作したテレビアニメ『直球表題ロボットアニメ』がオンエアになる。映像の世界でも、ニコ動は新たな才能を輩出しつつある。

画像の拡大

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ニコニコ動画、ボーカロイド、初音ミク、インターネット、クリエーター

躍進するネット動画サービス

ネット上の才能を現実世界に

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

俳優の阿部寛さん

阿部寛が三連覇達成 最新タレントパワー男優編

 男優のタレントパワーは、阿部寛が3年連続で第1位。TOP30のうち半数を占めるジャニーズでは、嵐が圧倒的な強さ。話題作に主演した小栗旬がスコアを伸ばし、CM露出の多かった西島秀俊は初登場となった。…続き (6/29)

日経エンタテインメント!の上半期ヒットランキングで1位「歌・リズムネタ芸人」の8.6秒バズーカー(写真/宮田昌彦)

宮田昌彦

クマムシ・8.6秒の「歌・リズムネタ芸人」が1位に

 日経エンタテインメント!編集部がまとめた「2015年上半期ヒットランキング」では、テレビ番組や音楽、映画、本などで幅広く今年らしい顔ぶれがそろった。1位は「歌・リズムネタ芸人」。ネット動画の拡散を通…続き (6/28)

『Better Call Saul』。『ブレイキング・バッド』に登場した弁護士ソウル・グッドマンを主人公にしたスピンオフ。ソウルの本名であるジミー・マクギルが公選弁護人として奮闘する、オリジナルの前日談。出演は、ドラマ『FARGO/ファーゴ』のボブ・オデンカーク、オリジナルでマイクを演じたジョナサン・バンクスほか。クリエイターは、オリジナルの生みの親ヴィンス・ギリガンと、彼と共に同作を手がけたピーター・グールド。ケーブル局AMCで2015年2月より放送スタート。シーズン1は全10話。2016年にシーズン2が放送予定 (C)PictureLux/アフロ

『ブレイキング・バッド』のスピンオフが高評価

 ガンで余命宣告をされた中年の高校の化学教師ウォルターが、家族に財産を残すためにドラッグを密造する。そんな過激な設定から始まった傑作『ブレイキング・バッド』は、2013年9月に全5シーズンで終了しまし…続き (6/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]

映画館検索