エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

AKB初の海外姉妹グループ、JKT48の可能性
日経エンタテインメント!

(1/2ページ)
2012/2/14 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 2011年末の『NHK紅白歌合戦』にAKB48グループの一員として出演したJKT48。日本発アイドルが初めて海外展開する姉妹グループだ。エンタテインメントの枠を超えて注目度が高い彼女たちの姿とは?

JKT48のメンバー。1.ベビー、2.ジェシカ、3.ガイダ、4.レナ、5.シンディ、6.ネネン、7.ソニャ、8.ファヒラ、9.アヤナ、10.ステラ、11.フリスカ、12.ナビラ、13.シャニア、14.メロディー、15.クレオパトラ、16.レズキー
画像の拡大

JKT48のメンバー。1.ベビー、2.ジェシカ、3.ガイダ、4.レナ、5.シンディ、6.ネネン、7.ソニャ、8.ファヒラ、9.アヤナ、10.ステラ、11.フリスカ、12.ナビラ、13.シャニア、14.メロディー、15.クレオパトラ、16.レズキー

 AKB48初の海外姉妹グループとして2011年11月に誕生したのが、インドネシアの首都ジャカルタを拠点とするJKT48だ。常設となる劇場を春までには確保し、「会いに行けるアイドル」のコンセプトはそのままに、活動を本格化させていく。現在は、劇場デビューに向けて週4~5日のレッスンを積む日々だが、早くもインドネシアで放送されているポカリスエットのCMに出演するなど、着々と知名度を高めている。

現地の企業がバックアップ

 AKB48の世界展開は、プロデューサーの秋元康氏が数年前から温めていたプロジェクト。様々な地域で姉妹グループ設立の可能性を検討していたが、最初に準備が整ったのがジャカルタだった。現地での運営には、インドネシア最大手のメディアコングロマリットで、楽天とも提携している「MNCグループ」が協力していく。これは、楽天の三木谷浩史社長と秋元氏とのつながりもあって実現したことだが、MNCグループのレイノ・バラック氏は「秋葉原でAKB48の劇場公演を見て、インドネシアでの新しいビジネスの可能性を感じた」と語る。

画像の拡大

 インドネシアの人口は世界で4番目の約2億4000万人。そのうち30歳未満が約半数を占めるという若い国だ。『スラムダンク』から『ONE PIECE』まで、日本のマンガやアニメなどが非常にウケている土壌もあり、日本式のアイドルが根づくポテンシャル高い地域だといえよう。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

AKB48、秋元康、JKT48、MNCグループ、ヘビーローテーション

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

『Daredevil』。昼は弁護士マシュー・マードックとして働きながら、幼少時に失った視覚の代わりに得た超人的感覚を鍛え上げ、巨悪と闘うマーベルコミックスの人気キャラクターのドラマ化。『アベンジャーズ』などと世界観を共有している。苦悩しながら孤独な戦いを続ける盲目のヒーローを演じるのは、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』や映画『博士と彼女のセオリー』の英国人俳優チャーリー・コックス。共演はビンセント・ドノフリオ、ロザリオ・ドーソンほか。シーズン1のクリエイターは『エイリアス』『LOST』のドリュー・ゴダード。(C)Visual Press Agency/アフロ

テレビでもマーベルに勢い、新作にみる本気度

ハリウッド映画界はアメコミ大作を量産する体制に入っていますが、テレビ界もここにきて独自の世界を構築しつつあるようです。…続き (8/3)

『THE LAST COP/ラストコップ』
熱血刑事の京極(唐沢寿明)が爆発で昏睡状態に陥り、30年後に目を覚ました。現場に復帰し若手の亮太(窪田正孝)とバディを組み、現代のルールを豪快に無視して難事件を解決する。6月19日に『金曜ロードSHOW!』で第1話(2時間)を放送直後、Huluで2話を配信、全5話。

日テレとHuluが共同で独自ドラマを製作する狙い

 スマートフォン(スマホ)やパソコンなどネット経由で見られる月額制動画配信サービスの新しい試みに注目が集まっている。Huluと同社を2014年4月に子会社化した日本テレビが、初めてオリジナルドラマを共…続き (7/30)

2014年に新メンバー2人を迎えた私立恵比寿中学

ブームの女子アイドル、次世代ブレイク候補が続々登場

根強いブームが続くアイドルシーン。活況を支えるのは、次のメガヒットを狙うネクストブレイク候補たちだ。次世代のアイドルシーンを担っていくことを期待される、そんなニュースなアイドルに注目する。…続き (7/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]

映画館検索