IIJ会長 鈴木幸一氏

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

若者全員がダークスーツ  (鈴木幸一氏の経営者ブログ)

(1/4ページ)
2012/10/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 「樋口さん、アメリカに行ったのはいつ」

 「1969年だったかな、鈴木さんと同じ世代だから」

 「1ドル360円の時代だったからなあ」

 日本人のゴルファーで、未だにアメリカのメジャーを勝ったのは、樋口久子さんだけである。同世代ということもあって、偶にお目に掛ると、話が弾む。樋口さんは明確な目標を持ってアメリカに行ったわけで、生きることそのものに靄がかかったような状態を引きずったまま、当てどなく濫読に…

電子版トップビジネスリーダートップ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

鈴木幸一氏の経営者ブログ


【PR】

【PR】

IIJ会長 鈴木幸一氏 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

鈴木幸一(すずき・こういち)1946年9月生まれ。国内インターネットサービスの草分け。インターネットイニシアティブ(IIJ)を設立し、郵政省(現総務省)との激しいやりとりの末、93年にネット接続サービスを開始。後に続くネット企業に道をひらいた業界の重鎮。酒、タバコ、音楽と読書を愛し、毎春、東京・上野で音楽祭を開催する。近著に「日本インターネット書紀」がある。

なにをするために都知事選に立候補したのだろう
 (鈴木幸一氏の経営者ブログ)
[有料会員限定]

 マスメディアの報道も、ほとんどが、インターネットを通じて知るようになっている。新聞やテレビという媒体には触れず、新聞やテレビが報じる記事や番組を、本来は違うメディアであるネットで、読み、見るようにな…続き (7/26)

鈴木幸一(すずき・こういち)1946年9月生まれ。国内インターネットサービスの草分け。インターネットイニシアティブ(IIJ)を設立し、郵政省(現総務省)との激しいやりとりの末、93年にネット接続サービスを開始。後に続くネット企業に道をひらいた業界の重鎮。酒、タバコ、音楽と読書を愛し、毎春、東京・上野で音楽祭を開催する。近著に「日本インターネット書紀」がある。

小さな正論に寄りかかって
 (鈴木幸一氏の経営者ブログ)
[有料会員限定]

 どのような世界的な組織が管理・監視するかは別として、世界中の都市に住む人々の一切の個人情報を管理・監視し、その行動予測までリアルタイムに把握できる時代が来るのだろうか。インターネットという技術は、そ…続き (7/19)

鈴木幸一(すずき・こういち)1946年9月生まれ。国内インターネットサービスの草分け。インターネットイニシアティブ(IIJ)を設立し、郵政省(現総務省)との激しいやりとりの末、93年にネット接続サービスを開始。後に続くネット企業に道をひらいた業界の重鎮。酒、タバコ、音楽と読書を愛し、毎春、東京・上野で音楽祭を開催する。近著に「日本インターネット書紀」がある。

民族の壁を超えるには、文化・芸術の力が
 (鈴木幸一氏の経営者ブログ)
[有料会員限定]

 旅の続きである。金曜日の午後遅く、ニューアーク空港を発って、土曜日の朝、ミラノに着き、そのまま特急列車を利用してボローニャに行き、そこから車で1時間ほど、世界遺産ともなっているラヴェンナの音楽祭まで…続き (7/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]