Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

NECと三菱電機、衛星の生産能力拡大 新興国開拓

2013/1/7 20:31
共有
保存
印刷
その他

 NECと三菱電機は人工衛星の生産能力を増やす。NECは7日、府中事業場(東京都府中市)に人工衛星の新工場を建設すると発表した。三菱電機も鎌倉製作所(神奈川県鎌倉市)に人工衛星の生産棟を増設中。生産能力の拡大により低コストで受注・製造できる体制を整え、アジアなどの新興国で増加する人工衛星の需要を取り込む。新興国市場の開拓に成功すれば、衛星部品などを納入する国内の中小企業など宇宙関連事業全体の活性化につながる。

人工衛星の評価・試験を実施する「大型スペースチャンバー」完成予想図
画像の拡大

人工衛星の評価・試験を実施する「大型スペースチャンバー」完成予想図

 NECの新工場は4階建てで、延べ床面積は9900平方メートル。設備内を真空状態にしたり、太陽光を当てたりするなど疑似的に宇宙空間を再現、衛星の評価・試験を実施する大型の「スペースチャンバー」とよばれる施設や、衛星を組み立てるための最大高さ26メートルの作業室などを設ける。小型から大型の衛星の組み立てに対応する。新工場の設備投資は約96億円。13年3月に着工、14年6月の稼働を予定する。

 これまで衛星の組み立てを手掛けてきた相模原事業場(相模原市)などの拠点とあわせ、これまで最大4基の組み立て能力を最大8基に倍増する。現在500億円の宇宙関連事業を2020年に1000億円にする計画だ。

 現在、国内で人工衛星の組み立てのとりまとめ(インテグレーション)を手掛ける大手企業は三菱電機とNECの2社。三菱電機も約30億円を投じ、鎌倉製作所に人工衛星の生産棟を増設。4月以降に稼働予定で、東南アジアや中国、南米などの商用の通信衛星や観測衛星の需要増に対応する考えだ。同社も現在725億円の売り上げを2020年に1500億円に引き上げる計画を掲げている。

 政府は宇宙関連のインフラ輸出を成長戦略として位置づけており、内閣府の宇宙戦略室を中心に官民一体で新興国への人工衛星の輸出を柱に据えている。新興国が災害監視や測位などの衛星インフラを整備するため、政府は各国に政府開発援助(ODA)の活用を呼びかけている。このほか、商用の通信衛星市場なども需要が伸びている。官民が協力して新興国の需要を積極的に取り込むことができれば、部品製造などを手掛ける中小企業を含めた関連産業にも波及効果が期待できる。

 人工衛星を輸送するための打ち上げ用小型ロケットの低コスト化も進んでいる。この夏に打ち上げを控える宇宙航空研究開発機構(JAXA)とIHIエアロスペースが開発する新小型ロケット「イプシロン」は製造設備自体の部品点数を削減するなどで、打ち上げコストを従来の半分程度の30億円以下にする目標を掲げている。JAXA・宇宙輸送ミッション本部の森田泰弘氏は、「衛星だけでなく、ロケットも含めた全体のコストを下げることで、拡大する新興国向けの衛星需要を取り込むことができる」と話している。

(電子報道部 杉原梓)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Tech FrontlineをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人の知性超えるカメラ 車載や監視、FAがけん引 [有料会員限定]

 イメージセンサーや画像処理技術、画像認識技術といったカメラ技術は、これまで人間の眼(視覚)を超えることを目標に進化してきた。今後は、撮影シーンや周囲の状況までを瞬時に把握できる、知性を備えたカメラ技…続き (5/24)

図1 2017年以降、航続距離を延ばしたPHVやEVが相次いで投入される。Chevrolet Bolt EVは、米国における本格的な発売は2017年だが、カリフォルニア州とオレゴン州では2016年内に発売している。次期リーフの発表時期、航続距離、実質価格は日経Automotiveの予測で、同写真は現行のもので代用した。価格の1ドルは111円で換算した

大衆車で十分な航続距離、「第2世代」リチウムイオン [有料会員限定]

 2017年以降、質量当たりのエネルギー密度を「200~300Wh/kg」に高めた第2世代の車載用リチウムイオン電池(LIB)の搭載が本格化しそうだ。背景には、電気自動車(EV)の満充電1回当たりの航…続き (5/24)

オフィスロボットの導入に携わる上原一仁氏(左上)、長澤拓馬氏(右上)、松田貴久美氏(左下)、町田理恵氏

業務1.2倍で人員3割減 オリックス「在宅よりロボ」 [有料会員限定]

 「午後6時だった終業時間を5時20分に変更」。オフィスワークの見える化と改善を8年にわたり繰り返すことで、2015年4月、就業時間を短縮したのが、オリックス・ビジネスセンター沖縄(OBCO、那覇市)…続き (5/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月24日付

2017年5月24日付

・AI翻訳家、電子書籍を英訳 メディアドゥ 要約から全文へ
・猛暑でも野菜スクスク トーヨーエネルギーが植物工場+ビニールハウス
・牧野フライス ベリリウム銅金型の放電加工 時間半減
・シノブフーズ 弁当の商品数集約 中小スーパー向け
・CSR 社外連携に軸足 味の素が公益財団法人…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト