学者もどよめく柱状図、浦安市舞浜の軟弱地盤

(1/2ページ)
2011/4/7 23:00
共有
保存
印刷
その他

 「表層から深さ7mほどまでの“N値”は12前後で、その後は3、3、3、2、1、1、1、1、1……。そして、ようやく深さ45mで基盤が出てくる」。京都大学の田村修次准教授が示したのは、東日本大震災で液状化の被害にあった千葉県浦安市舞浜2丁目の「土質柱状図」といわれるもの。これを見た専門家らはどよめいた。2011年3月25日に京都大学防災研究所で開催された東日本大震災の緊急報告会でのことだ。

 N値とは、土の硬さや締まりの程度を表す指標だ。土質によるが、一般にはN値が5以下だと軟弱な地盤、50以上だと強固な地盤と説明される。ボーリング調査を実施した数少ない箇所の柱状図であることを差し置いても、「すさまじい軟弱地盤」(田村准教授)を表すN値の推移に、思わず声を上げた専門家が多かった。

液状化の程度が比較的小さかった浦安市舞浜2丁目の土質柱状図。表層から深さ7mほどまでのN値は12前後で、その後は1から3の値が深さ45m程度まで続いている。柱状図は、千葉県地質環境インフォメーションバンクのウェブサイトで見ることができる (写真:日経アーキテクチュア)
画像の拡大

液状化の程度が比較的小さかった浦安市舞浜2丁目の土質柱状図。表層から深さ7mほどまでのN値は12前後で、その後は1から3の値が深さ45m程度まで続いている。柱状図は、千葉県地質環境インフォメーションバンクのウェブサイトで見ることができる (写真:日経アーキテクチュア)

液状化の程度が大きかった浦安市舞浜3丁目の土質柱状図。表層はやわらかく、深さ10m辺りで固い層が出てきて、再びやわらかい層が続く (写真:日経アーキテクチュア)
画像の拡大

液状化の程度が大きかった浦安市舞浜3丁目の土質柱状図。表層はやわらかく、深さ10m辺りで固い層が出てきて、再びやわらかい層が続く (写真:日経アーキテクチュア)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト