日本経済新聞

12月22日(月曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

日経ヘルス&メディカル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

20~40代は「はしか」「風しん」を 大人が受けたい新ワクチン
日経ヘルス

(1/2ページ)
2012/12/9 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 ワクチンは子供が接種するものと考えがち。しかし、都立駒込病院感染症科の菅沼明彦医長は「ウイルス感染症の多くは、一度発症すると有効な治療手段がない場合が多い。最も有効な予防手段がワクチン。大人でも自分自身の感染リスクを判断しながら、大人も健康管理に積極的に利用したい」と話す。

狂犬病のワクチンを接種する女性

狂犬病のワクチンを接種する女性

 大人のワクチンとして最も重要なのは、インフルエンザワクチンだ。高齢者、体力が低下している人、糖尿病など感染症に罹りやすい人があらかじめ接種しておけば、発症しても重症化を予防することができる。

 また狂犬病など日本では発症例が無くても、海外では広く流行している病気もある。菅沼医長は「仕事や旅行で海外に長期滞在する際には、感染症に詳しい医師と相談しながらリスクに応じたワクチンを接種しておくといい」と話す。

こんな大人はリスクが高い。ワクチンの検討を!
A 子供のときに必要なワクチンを接種していない
B 感染症流行時の予防をしたい
C ウイルスが原因で発症する「がん」を予防したい
D 開発途上国など伝染病の流行地域に滞在する
E 激しいスポーツ、野外活動を行う
F 医師、教師など多数の人と触れあう職業についている
G セックスのパートナーが複数である

 左に大人でも接種を検討すべき7種類(A~G)のリスクを示した。例えば、子供のころに麻しん(はしか)・風しんのワクチンを打っておらず、かかってもいない人は免疫がない可能性があるので検討の対象だ。菅沼医長は「ワクチンの中には過去の感染のある人では、副反応が強く出る場合もあるが、麻しん、風しんではその心配が非常に少ない。抗体検査を省いてそのままワクチン接種を受けてよい」と話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

風しん、ワクチン、インフルエンザ、予防接種

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

日経ヘルス&メディカル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

食物アレルギーに配慮したベビーフードなどが並ぶ店舗

食物アレルギーは肌の湿疹から始まる 乳児期から保湿を

 食物アレルギーなどのアレルギー疾患の発症に、皮膚の湿疹が関わっていることが分かった。特に、乳児期の肌を健康に保つことで、その後のアレルギー発症を予防することが可能になる。
 食物アレルギーの発症が最も…続き (12/21)

太もも・背中に効く、1回30分カーブス式運動を自宅で [有料会員限定]

 独特のメソッドを掲げ、店舗数を拡大するカーブス。広告や看板を見かけて、気になっている人も多いのでは。一体、どんな指導をしているのか――。特徴を紹介しよう。
 カーブスは、米国で1992年にスタート。“…続き (12/14)

[左]上半身を垂直に立てた姿勢では、直腸のくの字の角度がゆるみにくい。この姿勢で無理に息むと、直腸や骨盤底筋群を傷めかねない
[右]前傾姿勢になると直腸が伸びるため、排泄しやすくなる。この姿勢でゆっくりと呼吸することが、スムーズな排泄のポイント

トイレ、なぜ我慢できる 2つの筋肉がキープ

 お通じ、スッキリ出るほうですか? 催したとき、いつもすぐトイレに行けますか。ついついトイレに行くタイミングを逃すと、便意が引っ込んでなかなか次が来なくなります。そんな積み重ねが、便秘のもと。「便意」…続き (12/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について