日経ヘルス&メディカル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

20~40代は「はしか」「風しん」を 大人が受けたい新ワクチン
日経ヘルス

(1/2ページ)
2012/12/9 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有

 ワクチンは子供が接種するものと考えがち。しかし、都立駒込病院感染症科の菅沼明彦医長は「ウイルス感染症の多くは、一度発症すると有効な治療手段がない場合が多い。最も有効な予防手段がワクチン。大人でも自分自身の感染リスクを判断しながら、大人も健康管理に積極的に利用したい」と話す。

狂犬病のワクチンを接種する女性

狂犬病のワクチンを接種する女性

 大人のワクチンとして最も重要なのは、インフルエンザワクチンだ。高齢者、体力が低下している人、糖尿病など感染症に罹りやすい人があらかじめ接種しておけば、発症しても重症化を予防することができる。

 また狂犬病など日本では発症例が無くても、海外では広く流行している病気もある。菅沼医長は「仕事や旅行で海外に長期滞在する際には、感染症に詳しい医師と相談しながらリスクに応じたワクチンを接種しておくといい」と話す。

こんな大人はリスクが高い。ワクチンの検討を!
A 子供のときに必要なワクチンを接種していない
B 感染症流行時の予防をしたい
C ウイルスが原因で発症する「がん」を予防したい
D 開発途上国など伝染病の流行地域に滞在する
E 激しいスポーツ、野外活動を行う
F 医師、教師など多数の人と触れあう職業についている
G セックスのパートナーが複数である

 左に大人でも接種を検討すべき7種類(A~G)のリスクを示した。例えば、子供のころに麻しん(はしか)・風しんのワクチンを打っておらず、かかってもいない人は免疫がない可能性があるので検討の対象だ。菅沼医長は「ワクチンの中には過去の感染のある人では、副反応が強く出る場合もあるが、麻しん、風しんではその心配が非常に少ない。抗体検査を省いてそのままワクチン接種を受けてよい」と話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

風しん、ワクチン、インフルエンザ、予防接種

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

日経ヘルス&メディカル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スクワットなどで高齢者が筋力を落としやすい下肢や体感を鍛える

「床ドン」で強くなる 骨を鍛える3つの運動

 女性の骨は40代以降、がくんと減っていく運命にある。原因は女性ホルモンの減少。やせている人や運動不足の人は、特に骨がもろくなりやすいといわれている。骨の老化を防ぐにはどうすればいいかを2回に分けて解…続き (5/24)

エストロゲンが減ると、破骨細胞に対する押さえが効かなくなり、これまで以上に骨吸収が勢いを増し、骨形成が間に合わなくなる。このため、骨量が減少。特に閉経後は約15年間にわたり、急激に骨が弱くなる(図版:三弓素青)

40代、女の骨は弱くなる 細身・運動不足は要注意

 女性の骨は40代以降、がくんと減っていく運命にある。原因は女性ホルモンの減少。やせている人や運動不足の人は、特に骨がもろくなりやすいといわれている。骨の老化を防ぐにはどうすればいいかを2回に分けて紹…続き (5/17)

開腹手術では早期子宮体がんの場合、へその下から恥骨の上までメスを入れる。がんが進行し、傍大動脈リンパ節まで切除する場合は、胸の下から恥骨まで開く。腹腔鏡手術では、4つの穴を開けて器具を挿入し、切除した臓器をそこから取り出す(イラスト:平拓哉)

子宮体がんの腹腔鏡手術が保険適用に 体の負担少なく

 30~40代にも増加中の子宮体がんの腹腔鏡手術が、2014年4月から健康保険の適用対象になった。開腹手術と比べて傷が小さく、術後の回復も早いといったメリットがある。同年12月からは子宮頸がんの腹腔鏡…続き (5/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]