米国ITリポート

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クラウドの「桃源郷」めざすグーグルのOS戦略
ITジャーナリスト 小池 良次

(1/2ページ)
2010/9/9 2:00
共有
保存
印刷
その他

 米グーグルの携帯端末向け基本ソフト(OS)「Android(アンドロイド)」が快進撃を続けている。米調査会社ガートナーによると、世界のスマートフォンOS市場における2010年4~6月のシェアは17.2%。米アップルの「iOS」を抜いてカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)の「ブラックベリー」に次ぐ3位に付けた。10年末にはトップを走るノキア(フィンランド)の「シンビアンOS」を端末出荷数で上回る可能性もある。

Androidを実装した携帯電話を持つグーグルのエリック・シュミット最高経営責任者(AP Photo)

 グーグルがアンドロイドを手掛ける狙いは、「事業戦略」としては明快だ。主な収益源は端末を対象としたモバイル広告である。当初はアップルのスマートフォン「iPhone」との共存共栄も模索されたが、現在はアップルの広告プラットフォーム「iAd」とグーグルの「Google Mobile Ads」が直接対決しようとしている。グーグルは収益の大半を占める検索連動型広告に次ぐ重要な新事業と位置づけており、エリック・シュミット最高経営責任者(CEO)は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで「アンドロイド向けアプリケーションと広告の売り上げは将来100億ドルに達するだろう」と強気の姿勢を示している。

 一方、グーグルの「技術戦略」という観点でみると、アンドロイドにはわかりにくいところがある。検索連動型広告を主軸とするグーグルは、そもそもウェブブラウザーをビジネスの主戦場と位置づけている。これはネット経由でアプリケーションを提供するクラウドコンピューティングにより、端末やOSに依存することなく長期的な市場の基礎を築くことができるからだ。そうした企業ゴールを考えると、アンドロイドというOSビジネスは古い時代のものに見えてくる。にもかかわらず、グーグルはなぜ新規事業の柱としてアンドロイドを育てているのだろうか。

過渡期をくぐり抜ける現実路線

 アンドロイドはオープンソース、クラウド型アプリケーションとの親和性など興味深い特徴を兼ね備えているが、携帯端末や通信事業者に依存する携帯OSであることに変わりはない。古いアンドロイドOSを載せた端末は「最新のアプリケーションに対応できない」「端末事業者との作り込みに時間を要する」といった課題を抱える。グーグルには多種多様な端末と市場に対応するための負担が発生し、現在のようにアップルの「iPhone」やRIMのブラックベリーと戦えるようになるまで、5年という長い年月を費やした。

 それでもグーグルが携帯OSに手を染めるのは、技術的な過渡期をくぐり抜けるための現実的な経営判断といえるだろう。最近は「HTML5」という新世代の技術仕様が広がり始めてブラウザーで高度なアプリケーションを利用できる場合もある。しかし、市場にあるモバイル端末や家電はまだ組み込み系OS、組み込み系アプリケーションが主流であり、高機能なブラウザーを簡単に実装できる環境ではない。

 現在のところ、アンドロイドというプラットフォームが提供するダウンロード型のアプリケーションは、iPhoneやブラックベリーと大差ない。しかし、グーグルは、ネットワークの高速化と歩調を合わせてデータセンターの高い処理能力を生かしたクラウド型アプリケーションを増やし、アンドロイドの特徴を出そうとしている。たとえば、音声操作や画像検索などのクラウド型サービスがそうで、将来は携帯ウェブサービスを多用した高度な業務用アプリケーションへの対応も考えている。ウェブとの親和性を端末レベル、アプリケーションレベルで高めることが、同社のモバイル広告を支える原動力となる。

 アンドロイドで提供する多くのダウンロード型アプリケーションは、いずれグーグルのデータセンターに吸収されることになるだろう。とはいえ、当面は従来型のアンドロイドOSで市場を拡大していくのがグーグルの戦略だ。こうした背景から、アンドロイドは携帯端末だけでなく、手のひらパソコンやテレビ、ゲーム端末など広い分野に拡散を続けている。

クロームとクロームOSの関係は

 グーグルは08年秋に独自のブラウザー「Chrome(クローム)」を発表した。また、09年夏にはリナックスOSをクロームに付加した「ChromeOS」も発表した。だが、クロームOSは業界関係者に多少の混乱をもって迎えられた。ブラウザーのよさは、多種多様なOSの違いを超えて様々なウェブサービスを利用できることにあるが、OSではその長所が失われてしまうからだ。しかも、グーグルがアンドロイドとクロームOSという2つの選択肢を提供する格好になる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

AndroidBlackBerryChromeiPhoneChromeOSクラウドスマートフォンLinux

関連記事

【PR】

米国ITリポート 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

Google Readerにアクセスすると7月1日で終了するという告知が表示される

グーグル、「春の大掃除」の真意 8サービスを打ち切り [有料会員限定]

 2005年に登場したグーグル・リーダー(Google Reader)は、ブログやネットニュースを読む便利な…続き (2013/3/21)

サンタクララでオライリー(技術書出版社)が開催した「Strata 2013」の会場風景

ビッグデータは「万能な予言者」にあらず、企業は現実的な応用を [有料会員限定]

 ビッグデータといえば、米グーグルのインターネット検索サービスを支える基礎技術として知られている。グーグルが開発してから約10年。米IBMは同社の人工知能Watsonを使ったビッグデータのプロジェクト…続き (2013/3/7)

サイバー攻撃への防衛強化で大統領令 日本にも及ぶ影響 [有料会員限定]

 2013年2月、バラク・オバマ米大統領は一般教書演説の中でサイバーセキュリティー強化に関する大統領令を発表した。突然にもみえる大統領令を受け、連邦政府は国土安全保障省(DHS)を筆頭に対応に走り出し…続き (2013/2/21)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月26日(水)

  • 3歳からプログラミングが学べる可愛いロボット玩具「キュベット」を体験してきた
  • Adobe、Flashを2020年に廃止。ChromeやFirefox、Edgeなど段階的にサポート終了
  • Facebook、知的財産管理のSource3を買収―動画コンテンツに投資拡大

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月26日付

2017年7月26日付

・フィクサー、インドに現法、米MSのクラウド導入支援で海外進出へ
・ソニー系、プレステ頼らず スマホ向けゲーム10月配信
・特種東海、軽く強い繊維シート 「紙超える素材」で大手と差別化
・オンコセラピー、血液・尿でがん診断 韓国社と合弁設立
・来れアジア学生、JFEエンジがインターンシップ充実…続き

[PR]

関連媒体サイト