新入社員 ここから講座

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「あの人に頼みたい」と思わせる話し方・振る舞い方

(1/3ページ)
2013/8/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 「言葉や振る舞いは、PCスキルや英語力のようにスコア化されません。でも、目に見えない能力こそが仕事には大切です」と話すのは、日本大学教授の佐藤綾子さん。中でも、職場で頼られ慕われるために最も大切な条件が「元気があること」だ。「声が小さくて自信のなさそうな人に、上司も大切な仕事を頼みたいとは思わないでしょう。声や表情、姿勢、歩き方などを少し意識するだけで、印象は大きく変わりますよ」(佐藤さん)

 報…

関連キーワード

佐藤綾子、コーディネーター、理論攻め

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

新入社員 ここから講座 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

小山昇(こやま・のぼる) 株式会社武蔵野 代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒業。76年、ダスキンの加盟店業務を手掛ける日本サービス・マーチャンダイザー(現在の武蔵野)に入社。77年に退職し、貸おしぼりの事業会社、株式会社ベリーを設立。その後、85年に再び武蔵野に入社、89年に社長に就任。赤字続きの「落ちこぼれ集団」だった武蔵野で経営改革を断行。国内で初めて日本経営品質賞を2度受賞する(2000年、10年)。その経験を基に、多くの企業の経営指導を手掛けている。(写真:栗原克己)

若いあなたは会社の負債 軽はずみに行動すべし [有料会員限定]

 数多くの企業の経営指導を手掛ける武蔵野の小山昇社長が、若い社員のために初めて「仕事の基本」を伝授します。10年後に組織をリードする社員となるために、今どのように仕事に取り組むべきなのか。時には口に苦…続き (6/27)

1日3分で英語の瞬発力を上げる「英語3行日記」 [有料会員限定]

 「とっさに伝えたい英語が口から出てこない」という人は少なくないはず。そんな人は、ぜひ英語を「書く」ことから始めてみましょう。簡単な日記を3行書くだけで、表現力や会話力が身に付く方法を紹介します。…続き (6/19)

ミスを撃退、効率も上がるノートと手帳の活用術 [有料会員限定]

 事務作業のうっかりミスをなくして、完璧に仕上げたい。仕事をもっと効率よく進めたい。それには、手帳とノートを使った手軽なタスク管理がとても有効です。…続き (6/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]