日本経済新聞

4月17日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女子のブームはマンガから 近未来の趣味のトレンドを大胆予測
日経エンタテインメント!

(1/2ページ)
2012/11/12 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 「山ガール」「鉄子」「歴女」などといった、従来はマイナーだった趣味を持つ女性が増えている。女子の趣味の多様化はマンガの影響が大きいようだ。現在ヒット中のマンガを手がかりにして、今後の女子ブームを大胆予測してみよう。例えば、「落語」や「農業」は人気上昇の可能性大である。「麻雀」は将来性に期待、「数学」は──大穴か。

マンガ・アニメ発の「女子ブーム」期待ジャンル(1)=落語
画像の拡大

マンガ・アニメ発の「女子ブーム」期待ジャンル(1)=落語

 これまではおじさんの趣味の領域と考えられてきたものに、若い女性が夢中になってブームとなる――。そんな現象が最近、増えている。歴史大好きの「歴女」、鉄道趣味の「鉄子」、おしゃれな格好で登山に励む「山ガール」…。このような呼称も今ではすっかり定着した。

 こうした女子ブームの背景には、マンガやアニメ、ゲームの影響があることが少なくない。例えば、女子の鉄道趣味が“解禁”された背景には、菊池直恵のノンフィクションマンガ『鉄子の旅』(「週刊ビッグコミックスピリッツ増刊IKKI」などで2002年~2006年まで連載)があった。

 では、次なる「女子ブーム」のキッカケになりそうなマンガ作品をチェックしてみよう。

ももいろクローバーZは、桃黒亭一門の名義でシングル「ニッポン笑顔百景」を発売。アニメ『じょしらく』(TBS系で2012年7月~9月まで放送)のエンディング曲。歌詞も落語づくしで元気いっぱい。(2012年9月5日発売/キングレコード/1500円)
画像の拡大

ももいろクローバーZは、桃黒亭一門の名義でシングル「ニッポン笑顔百景」を発売。アニメ『じょしらく』(TBS系で2012年7月~9月まで放送)のエンディング曲。歌詞も落語づくしで元気いっぱい。(2012年9月5日発売/キングレコード/1500円)

 まずは落語。この数年の落語ブームは女性人気が支えており、立川志の輔や春風亭昇太など人気落語家の公演は、女性客が半数を占めるようになっている。2007~2008年のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」以降、落語家を目指す女性入門者も増えている。

 その勢いをさらに後押ししそうな作品が『じょしらく』(別冊少年マガジンで2009年から連載中)だ。原作はコメディーマンガ『さよなら絶望先生』の久米田康治。落語マンガという体裁をとってはいるが、その内容は女子落語家たちの舞台裏でのガールズトークが中心だ。この構造は女子高生バンドブームを作った『けいおん!』と一緒。

 『じょしらく』も『けいおん!』と同様にアニメ化された。そのエンディング曲を歌っていたのは、桃黒亭一門を名乗るアイドルグループの「ももいろクローバーZ」だった。

■将棋と農業を描く人気作家

 落語と同様におじさんの趣味とみなされがちだった将棋だが、マンガの世界では既に人気のジャンルに。『ハチワンダイバー』や『ひらけ駒!』など、将棋を題材とした多くの作品が現在も連載中だ。なかでも女子人気を開拓しているのが『3月のライオン』(「ヤングアニマル」で2007年から連載中)。作者が、大ヒットマンガ『ハチミツとクローバー』の羽海野チカというのがポイントだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

落語、将棋、麻雀、農業、数学、山ガール、羽生善治、ガールズトーク、ももいろクローバーZ、立川志の輔、春風亭昇太、羽海野チカ、菊池直恵、久米田康治、荒川弘


日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

チームKとして最後の公演となりそうな『最終ベルが鳴る』での大島優子。2014年2月20日のゲネプロでは、最後の曲で涙をこぼす場面も

日経エンタテインメント!

主力級が続々脱退 女子アイドル卒業名簿2014

 女子アイドルにはつきもののグループからの卒業。この春も多くのアイドルが新しい一歩を踏み出す。人気メンバーの卒業は本人だけでなくグループにも大きな影響を与える。特に今年は人気メンバーの卒業が目立つ。…続き (4/14)

和田竜(わだ・りょう)。1969年、大阪生まれ、広島育ち。2003年、繊維業界紙の記者である傍ら書いた脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。これを小説化した『のぼうの城』で2008年に直木賞候補となる。同作は2012年に映画化され200万部超のヒットに。著書に『小太郎の左腕』など(写真:鈴木芳果)

本屋大賞受賞、著者・和田竜が語る「村上海賊の娘」

 『のぼうの城』で一躍その名を知らしめた歴史小説の旗手、和田竜。4年ぶりとなる新作『村上海賊の娘』は、上下巻で1000ページ近い超大作だ。同書は、2014年3月に吉川英治文学新人賞を受賞。そして今回、…続き (4/9)

各書店で大展開される、本屋大賞ノミネート作フェア。「本屋大賞候補作」の帯もつき、発表までの期間を盛り上げる(写真:鈴木芳果、以下同)

発表は明日、候補10作品から「本屋大賞」を予想

 全国書店員の投票で選ばれる、本屋大賞の発表が明日、2014年4月8日に迫った。今やセールスに最も直結する文学賞といわれ、11回目となる今年も大いに注目される。すでに同年1月21日に終えた一次投票の結…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

映画館検索

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について