日本経済新聞

4月24日(木曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

急速な経済成長が続くアジアの最新ビジネス情報を「アジアBiz」で提供します

Forbes

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソニーと任天堂に好機か…中国でゲーム機解禁の観測

(1/2ページ)
2013/2/7 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント

forbes

(2013年1月28日 Forbes.com)

 アジア発の大ニュースになるかもしれない。中国政府系の英字紙「チャイナ・デイリー(中国日報)」は中国政府が2000年に始まった家庭用の据え置き型ゲーム機の販売禁止の解除を検討している、と報じた。

 中国の政府機関である文化部は、他の担当官庁やメーカーとの間で、解禁に向けた話し合いをしている。もともと、この法律はビデオゲームが心をゆがめかねないとして、その悪影響から中国の若者を守るために制定された。しかし、どうやら中国政府はこの方針は有益ではないと考えたか、あるいはただ単にゲーム機市場に対して再び門戸を開いたほうがいいと考えたのだろう。政府の禁止措置にもかかわらず、中国ではコンピューターゲームが大きく普及しており、ゲームはすべて危険だという考え方と実態が合わなくなっていることは念頭に入れておく必要がある。

 家庭用ゲーム機はすでに中国の闇市場では何年もの間、入手が可能だった。闇市場は税金も関税もかからないということも、中国が禁止措置を解除したいと考えるもう一つの理由かもしれない。ゲーム機解禁という話が浮上しただけで、日本では任天堂とソニーの株価が上昇した。もし法律が実際に見直されれば、両社にとって大きな商機になるのは間違いない。しかし、本当に販売禁止措置を解くには、所管する7省庁のすべてが合意しなければならず、匿名の文化部関係者によれば、道のりは長いかもしれないという。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント

Forbes


【PR】

【PR】

Forbes 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ISSが切り離したソユーズからISSを撮影(2011年5月)=AP/NASA

AP

クリミア問題の余波、宇宙へ ロシア依存に悩む米

 米国人が最後に月面を歩いてから40年。この間、宇宙における米国の主導権は徐々に弱まってきた。…続き (4/17)

米上院商業科学運輸委員会で証言するGMのバーラCEO。大事故につながる欠陥の事実を把握しておきながら、その事実を公にしてこなかったと指摘され、同社は「隠ぺい体質」だとして批判を浴びた(2日、ワシントン)=ロイター

ロイター

巨大リコールが襲う新生GM 女性CEOに負の遺産

 4月1日から2日間にわたり、米ゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)はGMリコール問題に関する米連邦議会の公聴会での集中砲火に耐えた。…続き (4/10)

音楽の定額配信サービス、スポティファイが新規株式公開(IPO)を準備しているという推測がある=ロイター

ロイター

定額配信サービスは音楽業界の救世主にならない

 レコード音楽業界にとって、この15年間は暗たんたるものだった。市場規模は1999年の400億米ドルをピークに半分まで縮小した。…続き (4/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

【PR】

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について