日本経済新聞

8月24日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ソーシャルメディアの歩き方

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

揺れるミクシィ、SNSの「老舗」はなぜ間違えたのか ブロガー 藤代 裕之

(1/3ページ)
2012/6/7 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 国内最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「mixi」を運営するミクシィが揺れている。5月には突然の幹部異動発表にともない、身売り報道さえあった。昨年末には「ネット視聴率調査」で訪問者数が急減したように見える「騒動」があり、成長のかげりまで指摘された。同じSNSの「フェイスブック」の勢いが加速するなか、国産のmixiはライバルを意識するあまり、自らのメリットを放棄しているように思える。

■国内SNS市場では依然として大きな存在だが…

「mixi」のサイト画面

「mixi」のサイト画面

 ゴールデンウィーク明けの5月11日、ミクシィのホームページに副社長の原田明典氏の取締役降格と、取締役の小泉文明氏の顧問就任が掲載された。原田氏は2008年にNTTドコモからミクシィに入社し、メディアなどの取材でも前面に立つなど、ミクシィの最近の施策をけん引する中心的な存在と見られていた。

 ミクシィが同日行った決算発表によると、12年3月期の売上高は133億3400万円で前年横ばいだったが、営業利益は34.9%減の21億9400万円、純利益も45.8%減の7億4900万円と落ち込んだ。さらに方針説明の発表でも、友人とのコミュニケーションは「ホーム」、ニュースやゲーム/コマースなどを「タウン」と分ける従来の「TOWN構想」を繰り返すにとどまった。mixiがどこへ進むのか、明確な方針を示さなかった。

 mixiの12年3月時点の月間ログインユーザーは約1500万人で、登録ユーザーが約2700万人、ページビュー(PV)は200億もあるなど、日本のSNSでは依然として大きな存在である。だが、ログインユーザー数は一年前とほぼ変わらず、PVは一年前から100億も減少している。ユーザーの利便性を優先しているためページビューが出にくくなっているとミクシィは説明しているが、過去1年で3分の1を失っている。

 ネットレイティングスによる「ネット視聴率調査」でも、12年4月の国内の「訪問者」はフェイスブックが1483万人、「ツイッター」は1486万人で、mixiが691万人、「グーグル+(プラス)」は303万人。フェイスブックの数値はmixiの約2倍だが、もはやネットでは大きな騒ぎにならなかった。

 ミクシィはどこで間違えたのか。同社の歴史を振り返ってみた。

■機能変更のたびにユーザーと摩擦

 mixiのサービス開始は04年で、フェイスブックやグリーの「GREE」のサービス開始と同じ年だった。一時、「国内3大SNS」といわれたディー・エヌー・エー(DeNA)の「モバゲー」は06年の開始である。ソーシャルゲームで業績を伸ばしているGREEだが、サービス開始当時はmixiと同様にユーザーの交流中心のSNSだった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

フェイスブック、mixi、SNS、ツイッター、ミクシィ、グリー、DeNA、笠原健治、グーグル

関連記事

【PR】

【PR】

ソーシャルメディアの歩き方 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

弁護士ドットコム・トピックス編集長の亀松太郎さん

「逆張り」メディア、弁護士ドットコム急成長の秘訣

 事件事故や芸能人の離婚など、さまざまなニュースに対して、弁護士が関連する法律を解説する。そんな記事をポータルサイトに配信するのが「弁護士ドットコム」だ。昨年、トピックス編集長に亀松太郎さん(44)が…続き (8/15)

たからのやまの笹田、奥田、本田(左から)

シリコンバレーに負けない 日本の田舎は「宝の山」

 IT(情報技術)業界に幅広い人脈を持ち、パワフルなキャラクターから「女帝」と呼ばれるウィズグループの代表、奥田浩美が、四国にある人口7500人の小さな町で高齢者と製品開発ビジネスに挑んでいる。シリコ…続き (8/1)

インフォバーン今田素子CEO

記事にそっくり「ネイティブ広告」 定まらぬ線引き

 「ネイティブ広告」という新たな広告手法が、広告業界やネットニュース業界で注目を集めている。新たな収益源として期待が高まる一方で、広告主が料金を支払って制作する記事広告と同じではないか、読者にとって通…続き (7/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2014年8月22日付

2014年8月22日付

・レクサス0.1ミリ差許さず トヨタ工場「職人」のスゴ技
・マックス、工事現場用オーディオ開発 工具のバッテリー活用 無線で音楽再生
・イー・ガーディアン、スマホゲームのバグ検証サービス
・水ing、下水処理場で発電事業に参入
・NEC東芝スペース 人工衛星機器、試作3日…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について