日本経済新聞

11月24日(月曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

エンタウオッチング

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ライブ動員数」で見るアーティストの実力
日経エンタテインメント!

(1/4ページ)
2013/9/23 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 ライブコンサートへの動員数が増え続けている音楽市場を、「日経エンタテインメント!」が独自に調査。今回分析した「動員数ランキングTOP50」からは、CDセールスのチャートでは分からない、アーティストの人気や実力が浮かび上がってきた。海外勢やアイドルなど、部門別ランキングにおける新たな流れにもスポットをあてた。

第1位EXILE。ドーム・アリーナ公演で112万人を動員
画像の拡大

第1位EXILE。ドーム・アリーナ公演で112万人を動員

 今年、ライブの観客動員数が最も多いのはEXILE(112万人)、2位は東方神起(89万人)、3位は関ジャニ∞(78万人)――。

 エンタでは、2013年1月から6月中旬までに開催されたライブと、それ以降、6月中旬の時点で年末までのスケジュールが発表されているライブの会場規模を集計し(6月中旬以降に発表された公演は含まない)、アーティスト別の年間ライブ動員数を独自に算出(調査基準は下囲みを参照)、上位50組をランキングした。

 CDの売り上げが縮小する中、ヒットチャートだけでは人気が測りにくくなっている。いまライブにどれだけの人数を集め、観客を引きつけているのか。ライブはアーティストの人気のもうひとつのバロメーターとなってきている。

■ドーム・アリーナ公演を上位陣は連発

画像の拡大

 動員数ランキング全体を見ると、上位陣は大型のドーム・アリーナツアーを組み、集客数を伸ばしている。

 トップ10にはジャニーズ勢やAKB48などのアイドル、韓流グループのほか、B'zやMr.Childrenといった20年以上活躍するアーティストがランクイン。そのうち9位までが50万人を超えている。

 一方、20位台以下のアーティストは、全国の中小規模のホールを積極的に回ることで、10万~20万台の数字に積み上げたケースが少なくない。

 まずは上位を紹介しよう。トップのEXILEは4月から9月にかけて、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡の5大ドームを、計23公演する大型ツアーを決行。今回調査した中で唯一100万人を超える観客を集めるアーティストとなった。4月16日の公演では「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」も発表された。100公演以上で、200万人を動員する予定のビッグプロジェクトだ。来年以降もEXILEの快進撃は続きそうだ。

 2位はK-POPの東方神起。4月のさいたまスーパーアリーナを皮切りに、5大ドーム他で公演。89万人の動員を見込んでおり、昨年自身が築いた55万人の海外アーティスト最多動員記録を更新する。8月には海外アーティスト初となる日産スタジアムでの公演を行い、K-POPの勢いを象徴するかのような活躍ぶりを見せている。

 3位は関ジャニ∞。12年は結成8周年のアニバーサリーイヤー。昨年9月から今年の1月までの4カ月で78万人を動員した。今回のツアーは短期集中型で、ドーム以外の地方の会場でも、3日4日と連続公演を行った。

【調査基準】
●2013年1月1日~12月31日までの、主要アーティストの単独公演をピックアップ。各会場のチケットが完売したと仮定し、弊誌が設定した収容人数を合計してライブ総動員数とした。ただし、同年1月1日をまたぐ前年のツアー、同年12月31日をまたぎ、来年にかかるツアーに関しては、ツアー全日程をカウントに含めている。
●上記期間に開かれる有料の国内単独公演が対象。複数アーティストが出演するイベントやフェス、握手会、学園祭などは除いた。
●6月中旬時点で公式発表されていない公演は含まない。
●動員数が同数の場合、100人単位で数値を参照して順位付けした。
●公演数ランキングは公演数が同数の場合、同順位とした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

Mr.Children、EXILE、ザ・ローリング・ストーンズ、ゴールデンボンバー、AKB48、ももいろクローバーZ、ヴァン・ヘイレン、東方神起、矢沢永吉、松田聖子

人気アーティスト

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エンタウオッチング 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

川上量生(かわかみ・のぶお)。1968年、愛媛県生まれ。ドワンゴ代表取締役会長。携帯着メロ、「ニコニコ動画」などを提供。2011年スタジオジブリに「見習い入社」

ドワンゴ参加のNHKアニメ 川上会長「得難い経験」

 NHKのBSプレミアムで2014年10月11日から放送開始されたテレビアニメーションシリーズ『山賊の娘ローニャ』。NHKのテレビアニメシリーズは、1978年に宮崎駿監督の初テレビシリーズとして知られ…続き (11/24)

『The Knick』。20世紀初頭、ニューヨークのマンハッタンにあるKnickerbocker病院を舞台に、優秀な外科医ジョン・W・ザッカリーと他の医師、スタッフらの奮闘と人生を描く。研究熱心だが傲慢でコカイン中毒という複雑な主人公を、映画『クローサー』『シン・シティ』のイギリス人俳優クライヴ・オーウェンが熱演。HBO系列の映画専門チャンネルだったが、近年はオリジナルドラマに積極的なCinemaxにて2014年8月8日より放送スタート。シーズン2は2015年放送予定  (C)Everett Collection/アフロ

手術は科学ではない…ソダーバーグ監督の医療ドラマ

 映画界で活躍するオスカー俳優、オスカー監督たちが、こぞってテレビシリーズに本格的に参戦することが、もはやスタンダードと言える時代に突入したようです。なかでも注目を集めていたのが、『オーシャンズ』シリ…続き (11/20)

アニメ出演本数で見る、声優ランキング【女性編】

 今や中高生のあこがれの職業となった「声優」。人気の養成所は、入所すら至難の業という。その後、声優となって第一線で活躍し続けられる人は、本当にごくわずかだ。その狭き門をくぐり抜け、スタッフやファンに求…続き (11/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

映画館検索
ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について