未来面は、日本の将来像を読者、企業、記者の3者が一体となって考えていく新しい紙面です。
 今年度の通年テーマは「○○○○○日本を始めよう。」。未曾有の大災害を乗り越え、この国をどのように作り変えていくのか。復興・変革に向けたテーマと具体的なアイデアを広く募ります。投稿はこちらまで。

石巻・大指で見た日本再生の礎石 知恵で開く未来 第1回(8月8日)
未来面2011

(1/2ページ)
2011/8/8 4:00
共有
保存
印刷
その他

 「聞くと見るとでは大違いだよ」。被災地から戻ってきた企業経営者やボランティア活動をしてきた人たちから何度も聞いた言葉です。未来面の取材で初めて被災地に行き、そこで目にした光景はやはり、「聞くと見るとでは大違い」でした。津波の高さよりも堆(うずたか)く積まれた瓦礫(がれき)の山。その中にはテレビやたんす、洋服、茶わんなど生活のにおいのするものもあります。とても瓦礫という言葉だけで言い表していいものなのか、考え込みました。

記者が訪れた大指地区
画像の拡大

記者が訪れた大指地区

 今回、取材でお邪魔した場所は宮城県石巻市北上町大指(おおざし)。仙台市から車で約2時間ほど北東に進んだ場所にある、ワカメやホタテで生計を立てている小さな漁村です。3月11日の東日本大震災で高さ18メートルの津波が襲い、漁港近くの全15世帯の家が流され、大半の漁船も使い物にならなくなり、漁港近くの作業場も津波にさらわれました。海岸線を走る道路は地震と津波で寸断されて孤立状態に。震災後数日間は救援物資も届かなかったそうです。家を失った人たちが住む仮設住宅が高台にできたのは6月末。被災地に行くために事前に調べた内容はこれくらいでした。

被災地に意外な光景

大津波で壊滅的な打撃を受けた大指漁港近く
画像の拡大

大津波で壊滅的な打撃を受けた大指漁港近く

 「東北の極めて小さな漁村。典型的な過疎地。生活の糧となる漁場も壊滅状態。高齢化が進み、さぞかし暗い雰囲気が漂ってるのだろう」と勝手に被災地の状況を思い描いていました。

 7月下旬、潮の香りのする大指地区に立ちました。そこでの光景はやはり、「聞くと見るとでは大違い」。意外な光景でした。避難所(林業者生活改善センター)の大広間では3、4歳の子供が元気良く駆けずり回り、そのほほ笑ましい姿をお母さんや、おばあちゃん、祖祖母(おっぴばあさん)が見守っていました。大指地区は少子化とは無縁の世界なのです。お話を伺うと大指地区には約40世帯、約180人が生活し、そのうち高校生以下の子どもたちが約50人もいるのです。3世代、4世代が同じ屋根の下に暮らす賑(にぎ)やかな漁村です。

 大指地区の避難所で世話役を務める阿部浩さんがこう解説してくれました。

 「十数年前までは若者が仙台市などへ移り住んでしまったのですが、ワカメの養殖などを手掛けて生活が安定するようになると若者が大指に戻ってきてきたのです。経済的な基盤ができると後継者問題は解決し、子供を育てる環境も自然とできたのですよ」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報