マグロ初競り大幅安 最高値は1匹736万円

2014/1/5付
保存
印刷
その他

初競りで最高値の736万円で落札されたクロマグロ(5日早朝、東京・築地)
画像の拡大

初競りで最高値の736万円で落札されたクロマグロ(5日早朝、東京・築地)

 東京・築地市場で5日、新春恒例の初競りが開かれ、青森・大間町産のクロマグロが1匹736万円(1キロあたり3万2千円、230キロ)で1匹あたりでの最高値を付けた。落札者は3年連続ですし店「すしざんまい」を展開する喜代村(東京・中央)。1キロあたりの最高値は大間町産の4万円(168キロ、1匹では672万円)だった。

 これまでの最高値は昨年の1億5540万円(1キロ70万円)。今年は20分の1になった。ここ数年、喜代村と香港資本のすし店「板前寿司」が最高値のマグロを巡って競り合っていた。今年は板前寿司が無理に競らず、相場が落ち着いた。

 昨年の初セリでは悪天候による水揚げの不振などで上場が4匹しかなかったが、今年は卸各社に30匹ずつ程度の入荷があり、供給が大きく増えたことも影響した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

すしざんまいセリ喜代村

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報