BPニュースセレクト

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

福島県浪江町、避難町民にタブレット1万台配布

2014/4/5付
共有
保存
印刷
その他

 福島県浪江町は2014年4月4日、住民登録している全世帯(約1万世帯)に各1台、タブレット端末を配布すると発表した。浪江町では2011年3月に発生した東京電力福島第一原発事故の影響で全町避難が続いている。今も全域で立ち入りが制限され、避難指示解除見込み時期は「発災から5~6年」とされている。

 避難が長引くことも視野に入れて、全国に分散する町民同士の交流を深め、町役場からの情報発信を強化して生活再建に役立ててもらうことを狙う。

 浪江町役場二本松事務所復興推進課は「今回のプロジェクトでは、町民本位の情報端末を作り上げるために、タブレットの要件やアプリケーションを決めるところから取り組む」と説明する。そのために、浪江町は「テクノロジーを活用した公共サービス開発の支援」を掲げる一般社団法人コード・フォー・ジャパンと連携する。タブレットの調達を含めたプロジェクト全体の投資額は約2億9000万円で、復興庁などの予算を充てる。

 まず4月4日から、プロジェクトに関わるエンジニアの公募を始めた。月内に東京都内と福島県郡山市で説明会を開く。採用予定の3人は、ボランティアではなく、非常勤の一般職国家公務員として雇用する。

 3人は原則として浪江町役場二本松事務所に常駐し、町職員や町民との調整や、タブレットのハードウエアとアプリケーションの要件定義などに従事。RFP(提案依頼書)を作成する。

 このRFPを基に、2014年夏頃にITベンダーの公募・入札を実施し、タブレットとアプリケーションの調達先を決める。町民へのタブレットの配布は2015年1月以降を予定している。

(日経コンピュータ 清嶋直樹)

[ITpro 2014年4月4日掲載]


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

BPニュースセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンが商品配送「Prime Air」を米で初めて披露 [有料会員限定]

 米Amazon.comが、ドローン(小型無人機)を使った商品配送を米国で初めて行ったと、Recode、The Verge、CNETなど複数の米メディアが現地時間2017年3月24日に報じた。…続き (3/27)

ドイツテレコムのブースの中から撮ったNTTのブース(写真:日経テクノロジーオンライン)

CeBIT 2017 ドイツテレコムと向かい合ったNTT [有料会員限定]

 CeBIT 2017(ドイツハノーバー、3月20日~24日)のジャパンパビリオンは、ホール4とホール12にあった。ホール4で最も大きかったのが、ドイツテレコムのブース。それに向かい合う形でブースを構えたのが、NTTである。…続き (3/27)

3月24日に公開された新国立競技場の建設現場を、東側から外苑西通り方向に撮影。山留め・掘削工事が進行している。100トン超のクレーン11台、バックホー30台など合計60台ほどの重機が稼働する。中央に見える650トンクレーンのアーム先端がスタジアムの屋根の高さとなる(写真:日経アーキテクチュア)

60台の重機が動く「新国立」建設現場 [有料会員限定]

 日本スポーツ振興センターは2017年3月24日、新国立競技場の建設工事現場をメディアに公開した。空に向かって伸びたクレーンのアームの先端は、完成した新国立競技場の屋根の高さとほぼ同じになるという。…続き (3/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月28日付

2017年3月28日付

・京セラ 半導体製造装置用セラミック部品 米で5割増産
・白発光の防虫用LED ペンタクト 工場・倉庫作業しやすく
・富士フイルムHD 環境情報の報告システム刷新
・英プライメタルズ 製鉄プラントの保守サービスを強化
・ディノス・セシール 婦人服通販、店舗で試着OK…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト