日本経済新聞

2月1日(日曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国内太陽電池が正念場 海外勢の価格攻勢しのげるか

(1/2ページ)
2014/7/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 2013年度の好調から一転、2014年度は正念場――。太陽電池を手掛ける国内メーカーを取り巻く事業環境が大きく変わりそうだ。コスト競争力に勝る海外勢が国内市場で攻勢をかけると予想されるためである。シャープ、パナソニック、京セラといった国内大手メーカーは、それぞれの強みを生かした事業の強化を急ぐ。

 国内の太陽電池メーカーが、正念場を迎えている。シャープ、パナソニック、京セラといった太陽電池メーカ…

関連キーワード

シャープ、太陽電池、パナソニック、京セラ、FIT、ソリンドラ、Qセルズ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2016年の電力小売りの全面自由化で家庭向けの販売を狙う新電力が相次ぐ見通しだ

東京ガス、楽天、ソフトバンク…電力市場、異業種争奪戦

電力市場を自由化する動きが本格化してきた。経済産業省主導のロードマップによると、3つの段階に分けて自由化が進められる。第1段階として、2015年に広域機関の設立と独立規制組織への移行、第2段階として…続き (1/28)

高炉スラグ(左)を使用したECMセメントで作ったコンクリート構造物(右)。50階建ての超高層ビルにも使える高強度コンクリートも開発した(中央右側)

製造時のCO2を8割減 環境配慮型コンクリート始動 [有料会員限定]

 2020年の東京五輪に向けて都心の再開発が加速し、コンクリートの需要が高まっている。そこで注目されているのが、相次いで開発された、製造時のCO2(二酸化炭素)排出を大幅に減らせる「環境配慮コンクリー…続き (1/21)

牛の糞尿の処理は酪農家の負担になっている(北海道内の牧場)

牛の排せつ物から電力と熱 「循環型農業」への挑戦

 北海道の十勝地方では、環境に配慮した循環型農業の確立を目指し、現在11カ所でバイオガスプラントが稼働している。そのうちの一つ、鹿追町にある環境保全センターを訪れた。同センターは、2007年にバイオガスプラントを稼働。その他…続き (1/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

日経産業新聞 ピックアップ2015年1月30日付

2015年1月30日付

・最先端、生き物に学べ 技術100選 2020年を拓く(1)
・ユーグリッド、業務用PC 安全に社外へ
・住友理工、車用ホースの生産性2倍
・SUS、アルミ架台の制振向上 ロボなど設置
・野村不、中規模ビル5割増 都心で開発加速…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

PR

関連媒体サイト

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について