エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国内太陽電池が正念場 海外勢の価格攻勢しのげるか

(1/2ページ)
2014/7/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 2013年度の好調から一転、2014年度は正念場――。太陽電池を手掛ける国内メーカーを取り巻く事業環境が大きく変わりそうだ。コスト競争力に勝る海外勢が国内市場で攻勢をかけると予想されるためである。シャープ、パナソニック、京セラといった国内大手メーカーは、それぞれの強みを生かした事業の強化を急ぐ。

 国内の太陽電池メーカーが、正念場を迎えている。シャープ、パナソニック、京セラといった太陽電池メーカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

豊田中央研究所は4.6%の変換効率を実現

CO2から有機物 「人工光合成」植物超えの高効率も [有料会員限定]

 植物による光合成をまねる「人工光合成」の技術開発が加速している。光合成は光のエネルギーを使って、水と二酸化炭素(CO2)から酸素と炭水化物を作る。炭水化物は植物の茎や葉などになる。人工光合成は、光の…続き (5/19)

アップル向け部品製造の電力「100%再エネ」へ、イビデン [有料会員限定]

「イビデンは、当社向けの部品製造に要する電力を100%、再生可能エネルギー(再エネ)にすると約束してくれた最初の日本企業だ」。米アップルは2017年3月8日に、このような発表をした。…続き (5/9)

JR東日本グループの食品リサイクルの流れ。同社駅ナカを広く展開している。写真左は、「エキュート大宮」。横浜市に建設するバイオマス発電プラントの完成予想図(上)

駅の食品残さが15億円生む JR東日本、環境で新事業 [有料会員限定]

 JR東日本がJFEエンジニアリングなどと共同で設立したJバイオフードリサイクル(横浜市)は2017年5月、バイオマス(生物資源)発電プラントの建設に着工する。投資額は約30億円。2018年8月に運転…続き (5/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月30日付

2017年5月30日付

・システムの変更、簡単に履歴追跡 SCSKがツール、不具合原因、早期に発見
・脂肪肝、新標的で治療 独ベーリンガーが神戸大と、原因たんぱく質を特定
・ムーンスター、靴の廃材、9割を再生 福岡・久留米工場、地元企業と連携
・IHI、ターボ生産に60億円投資 燃費規制で需要増
・アイル、SEの負担軽減、残業ゼロ目指す…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト