エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国内太陽電池が正念場 海外勢の価格攻勢しのげるか

(1/2ページ)
2014/7/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 2013年度の好調から一転、2014年度は正念場――。太陽電池を手掛ける国内メーカーを取り巻く事業環境が大きく変わりそうだ。コスト競争力に勝る海外勢が国内市場で攻勢をかけると予想されるためである。シャープ、パナソニック、京セラといった国内大手メーカーは、それぞれの強みを生かした事業の強化を急ぐ。

 国内の太陽電池メーカーが、正念場を迎えている。シャープ、パナソニック、京セラといった太陽電池メーカ…

関連キーワード

シャープ、太陽電池、パナソニック、京セラ、FIT、ソリンドラ、Qセルズ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

Powerwallを設置したガレージとTeslaのEV「Model S」
屋内だけでなく、屋外に設置することも可能だ

狙うは「エネルギー革新企業」 テスラ、格安蓄電池投入 [有料会員限定]

 電気自動車(EV)に加えて、蓄電池にも参入することで、エネルギーの世界を根底から変えたい――。米EVメーカーのTesla Motors(テスラモーターズ、以下Tesla)は、家庭向けと産業向けにリチ…続き (7/14)

コマツの粟津工場で4月に本格稼働したバイオマスボイラー(右)。地元の未利用材のチップを年間7000t使用し、購入電力9割減を達成する(上)

カギは未利用材 コマツ、購入電力9割減で地域も活性化 [有料会員限定]

 地元の未利用材でエネルギーを作り、購入電力の9割減を達成する――。再生可能エネルギーの利用を増やすことで環境負荷を下げながら、同時に地方経済の活性化も図る。建設機械大手のコマツが、そんな一石二鳥の環…続き (7/8)

図1 東北大学・電子光理学研究センターに設置した凝集系核反応共同研究部門の実験室。岩村康弘特任教授(左)と伊藤岳彦客員准教授(右)。両研究者とも三菱重工業から移籍した(出所:日経BP)

「試験管内の太陽」 似非科学のレッテル外れ再び熱気

 2015年5月14日、東京都目黒区の東京工業大学蔵前会館で、「凝集系核科学の現状と将来」と題したセミナーが開かれた。100人近い参加者のうち、約3割が企業に所属する研究者が占めた。「今日の発表が本当…続き (7/1)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2015年8月4日付

2015年8月4日付

・凸版印刷、電力使用データで情報配信
・東大発VB、細胞培養で使い捨てキット
・東京都下水道サービスなど、送風機、7割軽量化
・エヌ・イーケムキャット、自動車排ガス浄化触媒、ディーゼル車向け増産
・八景島シーパラ、シニア入園半額、秋の行楽で3世代取り込み…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

PR

関連媒体サイト