エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国内太陽電池が正念場 海外勢の価格攻勢しのげるか

(1/2ページ)
2014/7/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 2013年度の好調から一転、2014年度は正念場――。太陽電池を手掛ける国内メーカーを取り巻く事業環境が大きく変わりそうだ。コスト競争力に勝る海外勢が国内市場で攻勢をかけると予想されるためである。シャープ、パナソニック、京セラといった国内大手メーカーは、それぞれの強みを生かした事業の強化を急ぐ。

 国内の太陽電池メーカーが、正念場を迎えている。シャープ、パナソニック、京セラといった太陽電池メーカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「30年に太陽光で全電力の2割」、米政府の野望

 2030年までに太陽光発電のコストを2020年時点の半分に下げる――。米エネルギー省(Department of Energy: DOE)は2016年11月、「2030ゴール」を発表した。電力会社に…続き (1/18)

英蘭ユニリーバがナイジェリアに設置した給水センター

世界「水リスク」 日本企業はトヨタなど6社最高評価 [有料会員限定]

「水リスク」に対する世界全体の取り組みが停滞気味のなか、多くの日本企業が上位に着けた。サプライチェーンを巻き込んだ取り組みや、水問題を機会として捉える企業が高評価を得た。…続き (1/17)

LIXILの「SaTo」の説明を受けるルワンダの人々(左)。水の重みで排水口の弁が開き、排せつ物を流し終えると自然に閉まる仕組み(右上)

簡易トイレで社会課題解決 LIXILが途上国開拓へ [有料会員限定]

 LIXILは、衛生的なトイレが不足している地域で簡易式トイレの販売を拡大する。持続可能な開発目標(SDGs)に対応した事業を展開する動きが広がってきた。

 LIXILの簡易式トイレ「SaTo(サトー)…続き (1/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月24日付

2017年1月24日付

・バンヤンツリー 中米に熱い視線
・半導体、低温成膜を補修 日立国際電気が製造装置
・宇宙機器に民力 新たな挑戦の場に
・ボッシュ 車載ワイヤハーネス2割軽量に
・認知障害の疑い TV電話で医師が診療…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト