ニュースこう読む(秋田浩之)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の対日非難は焦りの裏返しか  編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2012/10/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 尖閣諸島をめぐる中国の対日非難が過熱している。中国側の主張で際立っているのが、これはただの領土紛争ではなく、日本の「侵略の歴史」に原因があるとする論法である。

 尖閣の対立を歴史問題に絡める戦術が鮮明になったのが、中国の楊潔●(ち)外相による9月下旬の国連演説だった。「日本が1895年の甲午(日清)戦争の末期に盗んだ」。楊外相は演説でこう日本を非難した。

 彼の発言にかぎらず、最近、中国は次のような…

電子版トップビジネスリーダートップ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

関連記事


【PR】

【PR】

ニュースこう読む(秋田浩之) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

首脳会談を前に、ロシアのプーチン大統領(左)の出迎えを受ける安倍首相(6日、ソチ)=代表撮影・共同

共同

プーチン氏側近、幻の広島訪問計画
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 オバマ米大統領による今月下旬の広島訪問計画が、世界の耳目を集めている。実は、この日程が決まる前から、広島行きをひそかに準備していた別の外国要人がいた。プーチン・ロシア大統領の最側近の一人、ナルイシキ…続き (5/20)

14日、モスクワで記者団の質問に答えるロシアのプーチン大統領=共同

共同

プーチン氏、安倍氏に“脅し”の刃先
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 ロシア人はまず、相手を殴ってから交渉する――。ベテラン外交官の解説だ。先週、都内で開かれた日ロ外相会談。日本側は「良好な雰囲気」だったと強調するが、よく観察すると、プーチン政権が日本に突きつける“脅…続き (4/22)

3月31日、支援者らに手を上げる不動産王、ドナルド・トランプ氏(ワシントン)=ロイター

ロイター

中国、トランプ氏の批判報道を“解禁”
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 米大統領選の共和党指名を争う不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)。日韓の核武装を認めるような発言をするなど、世界に波紋を広げ続けている。そして、沈黙を保ってきた中国も、ついに彼を酷評する報道を“解…続き (4/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]