日本経済新聞

9月20日(土曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ニュースこう読む(秋田浩之)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の対日非難は焦りの裏返しか  編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2012/10/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 尖閣諸島をめぐる中国の対日非難が過熱している。中国側の主張で際立っているのが、これはただの領土紛争ではなく、日本の「侵略の歴史」に原因があるとする論法である。

 尖閣の対立を歴史問題に絡める戦術が鮮明になったのが、中国の楊潔●(ち)外相による9月下旬の国連演説だった。「日本が1895年の甲午(日清)戦争の末期に盗んだ」。楊外相は演説でこう日本を非難した。

 彼の発言にかぎらず、最近、中国は次のような…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

関連記事


【PR】

【PR】

ニュースこう読む(秋田浩之) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

会談で握手を交わすライス米大統領補佐官(左)と中国の習近平国家主席(9日)=AP

AP

米中、密約の香り 接点は対「イスラム国」
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 オバマ米大統領の対外政策を支える米高官のなかでも、絶大な影響力をにぎっている腹心のひとりがスーザン・ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)だ。各省庁からあがってくる政策案をとりまとめ、オバマ氏に…続き (9/19)

中国軍の現場の勇み足は習近平国家主席の統制不足との見方がある=新華社・共同

新華社・共同

中国軍機に“キレた”米軍、内心は余裕も [有料会員限定]

 やはり、というべきか。米軍と中国軍が数回にわたり、とても危険なニアミスを演じていたことが、8月下旬、明らかになった。
 場所は、米中が激しくせめぎ合う南シナ海の公海上。米側によると、米軍の対潜哨戒機P…続き (9/5)

習近平主席はどこまで本気で、早期に日中関係を打開しようと思っているのか

福田元首相を招いた中国の本気度
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 凍りついた日中関係に雪解けの季節はやってくるのか。現状はなお険悪だが、修復の足がかりを探る動きも出ている。そのきっかけとなったのが、7月の福田康夫元首相と習近平国家主席の極秘会談である。
 福田元首相…続き (8/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について