日本経済新聞

4月21日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ニュースこう読む(秋田浩之)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の対日非難は焦りの裏返しか  編集委員 秋田浩之

(1/2ページ)
2012/10/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 尖閣諸島をめぐる中国の対日非難が過熱している。中国側の主張で際立っているのが、これはただの領土紛争ではなく、日本の「侵略の歴史」に原因があるとする論法である。

 尖閣の対立を歴史問題に絡める戦術が鮮明になったのが、中国の楊潔●(ち)外相による9月下旬の国連演説だった。「日本が1895年の甲午(日清)戦争の末期に盗んだ」。楊外相は演説でこう日本を非難した。

 彼の発言にかぎらず、最近、中国は次のような…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

関連記事


【PR】

【PR】

ニュースこう読む(秋田浩之) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

南沙諸島では暗礁が埋め立てられ、中国軍の基地が設置された(フィリピン政府が2014年2月に撮影した写真)

中国が「砂の万里の長城」、米軍に広がる危機感
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 「しゅんせつ船とブルドーザーを使い、『砂の万里の長城』を築いている」。米軍の有力幹部があからさまな中国批判を繰り広げ、話題を呼んでいる。発言の主は、アジア太平洋を管轄するハリー・ハリス米太平洋艦隊司…続き (4/10)

北京の人民大会堂で記念写真に納まる中国の習近平国家主席(右)とスリランカのシリセナ大統領=共同

共同

中国が気をもむ島国の「反乱」
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 海洋の要所にある島国の「反乱」に、中国が気をもんでいる。その国とは、インドのすぐ南側にあり、昨年まで親中国だったスリランカだ。
 紅茶の産地として有名なスリランカだが、いちばんの強みは立地条件の良さに…続き (3/27)

退院して市民に手を振るリッパート大使(10日、ソウル)

襲撃されても「韓国を愛する」米大使
 編集委員 秋田浩之
[有料会員限定]

 今月5日、韓国人の男に襲撃され、ほおを約80針縫うなどの重傷を負った米国のリッパート駐韓大使(42)。本人はそれでも、韓国への「愛情」は揺らぐどころか、さらに深まったと強調している。本心はどこにある…続き (3/13)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について