Apple、iPhoneの電池切れ問題でiOS5をアップデートへ

2011/11/4 23:00
保存
印刷
その他

 米Appleは同社のスマートフォン「iPhone」のバッテリー消費が早まる問題に対応するため、ソフトウエアアップデートをリリースする。米メディア各社が現地時間2011年11月2日に報じた。

バッテリー残量を示すiOSの画面

 米Wall Street JournalのIT関連ブログ「AllThingsD」によると、Appleは最新OS「iOS 5」を搭載した端末が予想より短時間で電力を消耗するとの報告を「少数のユーザーから受けている」ことを認めたという。同社はバッテリー持続時間に影響する複数のバグを確認しており、数週間以内にソフトウエアアップデートをリリースすると語った。しかし、バグの詳細などについては明らかにしなかった。

 バッテリー持続時間に関する苦情は、Appleが10月にiPhoneの新モデル「iPhone 4S」とiOS 5をリリースした直後からあったが、特にこの数日間でWebへの報告が急増し、Appleサポートサイトへの投稿は200ページ以上に及んでいる。

 米CNET Newsによると、あるユーザーは、フル充電した端末が平日に1日で電池切れになり、最小限の使用にとどめていても回避できないという。iOS 5にアップデートする前には見られなかった現象だと、同ユーザーは述べていた。

 また米InfoWorldは、Appleが開発者向けに「iOS 5.0.1」ベータ版を公開したとするIT情報サイト「BGR」の記事を引用している。同ベータ版には、「バッテリー寿命に影響するバグの修正」が含まれている。

[ITpro 2011年11月4日掲載]

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

iPhone 4SiOS 5バッテリー

日経BPの関連記事

【PR】

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月24日付

2017年3月24日付

・人の流れ割安で解析 日本ユニシス
・トマトの品質高める遺伝子 横浜市大が発見
・抗がん剤の調合安全に 日本エアーテック 作業後オゾンで分解
・米コーニング ドローンで赤外線撮影 小型カメラで日本参入
・ジヤトコ 変速機生産にクリーンルーム 国内外で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト