Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女性に起業の機会 ケニアのモバイル送金「エムペサ」
携帯電話会社のサファリコム、SMSを活用

(1/3ページ)
2013/7/7 7:10
保存
印刷
その他

 ケニアの携帯電話会社、サファリコムのモバイル送金サービス「エムペサ」の利用者数拡大が続いている。2007年のサービス開始以来、銀行口座を持つことが難しかった貧困層に受け入れられ、起業の機会創出にもなり、テクノロジーが途上国の社会問題解決に寄与した事例として評価されている。TICAD(アフリカ開発会議)の関連イベントに参加するために来日した、同社戦略・技術担当取締役で、グループの社会貢献活動を担うサファリコム財団の理事長でもあるジョセフ・オグトゥ氏に、エムペサ事業の現状と波及効果について聞いた。

画像の拡大

<M―PESA(エムペサ)>とは
 携帯電話のショートメッセージ(SMS)で手続きや本人認証をする送金サービスの名称。Mはモバイルを指し、PESAはスワヒリ語でお金を意味する。実際の現金の出し入れはケニア全土に7万件あるM―PESAの代理店で行う。送金したい人は代理店で現金を渡し、自分の口座に入金する。そのうえで、お金を受け取る人の携帯電話番号と金額をSMSで送信する。受取人は、近くの代理店店舗でSMSの情報を見せてお金を受け取る仕組みだ。銀行がまだ十分に普及していない中、送金やお金の貸し借りが容易になった。金融サービスを得て、女性らが起業するのにも役立っているという。

■エムペサユーザーは6年で1720万人に

サファリコム取締役のジョセフ・オグトゥ氏
画像の拡大

サファリコム取締役のジョセフ・オグトゥ氏

--モバイル送金サービス「エムペサ」事業で知られています。

 「4時間前に日本に到着したばかりだが、エムペサについて、すでに何度も尋ねられた。こんなにも日本で注目されているとは正直驚いている」

 「サファリコムは2000年に、ケニア政府とボーダフォンの合弁会社として設立された。当初は政府が株式の60%を所有しており、ボーダフォンは40%だった。2008年に株式市場に上場し、現在の持ち分はボーダフォンが40%、ケニア政府が35%、そして25%が一般投資家だ」

 「エムペサ事業は上場前の2007年3月に開始した。サービスの顧客に利便性を提供するために開始した事業で、収益を生むような事業だとは当初は考えていなかった。ユーザーの定着率を高めようという狙いだった。今では、エムペサのユーザーは1720万人まで増え、われわれにとって、最も大きな収益の柱になった」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

エムペササファリコムボーダフォンSMS携帯電話

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

チャットbot(左)、LINE(右)を相談ツールとして活用する取り組みが目立つ

住宅ローン借り換え、「チャットボット」相談で成約増 [有料会員限定]

 住宅ローン借り換えコンサルティングサービスを展開するフィンテックベンチャー企業のMFS(東京・千代田区)は、同社が提供する住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」に住宅ローン相談ができるチャットbo…続き (1/16)

図2 B777X向けの新しい組み立て工場の内部。装置の据え付けは段階的に始まっており、自動打鋲機のテストなどを既に実施している

空飛ぶスバルの新工場 自動化、IoTで生産性5割向上へ [有料会員限定]

 「SUBARU(スバル)」ブランドの自動車メーカーとしてのイメージが強い富士重工業(以下、富士重工)。2017年4月には社名自体も世界的に知名度が高いSUBARUへの変更を予定する。そんな同社のもう…続き (1/16)

図1 Joinではスマホを使って、チャットや医用画像の共有、手術室内の映像共有などが可能(高尾氏の資料を基に日経デジタルヘルスが作成)

スマホアプリで挑む脳梗塞「時間との闘い」

 「時間との勝負」である脳血管疾患治療にスマートフォン(スマホ)アプリで挑む。東京慈恵会医科大学付属病院が導入した「Join」は、こうした狙いで開発されたアプリだ。今後、医療現場でのスマホやアプリの活…続き (1/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月24日付

2017年1月24日付

・バンヤンツリー 中米に熱い視線
・半導体、低温成膜を補修 日立国際電気が製造装置
・宇宙機器に民力 新たな挑戦の場に
・ボッシュ 車載ワイヤハーネス2割軽量に
・認知障害の疑い TV電話で医師が診療…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト