Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女性に起業の機会 ケニアのモバイル送金「エムペサ」
携帯電話会社のサファリコム、SMSを活用

(1/3ページ)
2013/7/7 7:10
共有
保存
印刷
その他

 ケニアの携帯電話会社、サファリコムのモバイル送金サービス「エムペサ」の利用者数拡大が続いている。2007年のサービス開始以来、銀行口座を持つことが難しかった貧困層に受け入れられ、起業の機会創出にもなり、テクノロジーが途上国の社会問題解決に寄与した事例として評価されている。TICAD(アフリカ開発会議)の関連イベントに参加するために来日した、同社戦略・技術担当取締役で、グループの社会貢献活動を担うサファリコム財団の理事長でもあるジョセフ・オグトゥ氏に、エムペサ事業の現状と波及効果について聞いた。

画像の拡大

<M―PESA(エムペサ)>とは
 携帯電話のショートメッセージ(SMS)で手続きや本人認証をする送金サービスの名称。Mはモバイルを指し、PESAはスワヒリ語でお金を意味する。実際の現金の出し入れはケニア全土に7万件あるM―PESAの代理店で行う。送金したい人は代理店で現金を渡し、自分の口座に入金する。そのうえで、お金を受け取る人の携帯電話番号と金額をSMSで送信する。受取人は、近くの代理店店舗でSMSの情報を見せてお金を受け取る仕組みだ。銀行がまだ十分に普及していない中、送金やお金の貸し借りが容易になった。金融サービスを得て、女性らが起業するのにも役立っているという。

■エムペサユーザーは6年で1720万人に

サファリコム取締役のジョセフ・オグトゥ氏
画像の拡大

サファリコム取締役のジョセフ・オグトゥ氏

--モバイル送金サービス「エムペサ」事業で知られています。

 「4時間前に日本に到着したばかりだが、エムペサについて、すでに何度も尋ねられた。こんなにも日本で注目されているとは正直驚いている」

 「サファリコムは2000年に、ケニア政府とボーダフォンの合弁会社として設立された。当初は政府が株式の60%を所有しており、ボーダフォンは40%だった。2008年に株式市場に上場し、現在の持ち分はボーダフォンが40%、ケニア政府が35%、そして25%が一般投資家だ」

 「エムペサ事業は上場前の2007年3月に開始した。サービスの顧客に利便性を提供するために開始した事業で、収益を生むような事業だとは当初は考えていなかった。ユーザーの定着率を高めようという狙いだった。今では、エムペサのユーザーは1720万人まで増え、われわれにとって、最も大きな収益の柱になった」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

エムペササファリコムボーダフォンSMS携帯電話

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真1 ロシアのスタピノで、3Dプリンターを現地に設置して建設した住宅(写真: apiscor)

3Dプリンターで「100万円住宅」 米ベンチャーが建設 [有料会員限定]

 米国サンフランシスコに拠点を置くアピスコーが、3Dプリンターによるコンクリート住宅の現場施工を実現した。同社は3Dプリンターによる建設技術を開発するベンチャー企業で、住宅はロシアのスタピノに建設され…続き (5/29)

楽天がパ・リーグ首位を快走している(写真は銀次選手、Koboパーク宮城)=共同

共同

楽天が本格導入、プロ選手は「VR」に何を求めたか

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の代名詞となった「時速165kmの剛速球」。このボールは、大谷選手の手を離れてからホームベースに到達するまでに0.4秒もかからない。並外れた対応力を持つプロ野球選手であっても、…続き (5/26)

精度9割超 無造作に置かれた商品、ロボで認識 [有料会員限定]

 撮影シーンや周囲の状況までを瞬時に把握できる、人間の知性を備えたカメラ技術の開発が活発化している。けん引するのは、市場成長が著しい自動車やドローン、そして監視カメラや産業用ロボットといった非民生分野…続き (5/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月29日付

2017年5月29日付

・米ウィーバー、夏にもプレステVRにコンテンツ配信
・マイクロソフト、使い勝手でアップル対抗 日本にノート・デスク型PC
・小型風車、開発相次ぐ 九大発VBは「後付け羽根」実用化
・天間特殊製紙、CNFで特殊紙2割強く
・ダスキン、家の小さな傷 短時間で補修…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト