BPニュースセレクト

NEC、13.3型で875gのウルトラブック「LaVie Z」を発表

2012/7/4 6:23
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 NECは2012年7月3日、同社初となるUltrabook(ウルトラブック)「LaVie Z」を発表した。解像度1600×900ドットの13.3型液晶ディスプレイを搭載。重さが875gと「世界最軽量」をうたい文句にするほど軽いのが特徴だ。

解像度1600×900ドットの13.3型液晶ディスプレイを搭載し、重さが875gのUltrabook「LaVie Z」

本体色はシルバーのみ。背面上部には角度によって見え方が変わるホログラムのNECロゴが付いている

キーボードは85キーで、キーピッチは18mm、キーストロークは1.2mm。タッチパッドはボタン一体型のタイプとなっている

 価格はオープン。CPUとSSD(ソリッドステートドライブ)容量が異なる2モデルがある。CPUがCore i7-3517U(1.9GHz)で256GBのSSDを搭載する上位モデル「LZ750/HS」が実勢価格で約16万5000円。CPUがCore i5-3317U(1.7GHz)で128GBのSSDを搭載する下位モデル「LZ550/HS」は約13万5000円だ。出荷はいずれも8月中旬を予定している。

 同社はこれまで、インテルのイベントや報道関係者向けの説明会などでLaVie Zを参考展示しており、その重さを999g以下と説明していた。今回、正式に発表した仕様では875g。一段と軽量化したことが明らかになった。全体の厚さは14.9mmで、液晶部分の厚さは4.5mm。薄さと軽さが際立つ。

 軽さの秘密の一端は、底面に採用した金属素材にある。比重がアルミニウムの約50%で、マグネシウムの約75%と軽い「マグネシウム・リチウム合金」を採用している。この金属がパソコンのボディーに使われるのは初めてだという。今のところ、「この金属を複雑な形状に成型するのは難しい」(同社)。そのため、天板やキーボード面の金属部分には薄厚のマグネシウム合金を採用している。このほか、基板を薄型化する、液晶部品をきょう体に直付けする――といった工夫を重ねることで軽量化を実現した。

 バッテリーにはリチウムポリマーを採用しており、駆動時間は8.1時間。フル充電には2.5時間が必要だが、1時間で約80%までの急速充電ができるという。ACアダプターは薄型で、従来機の厚さ約30mmに対し、18.5mmとなっている。

 キーボードはJIS標準配列で85キー。キーピッチは18mmを確保、キーストロークはやや浅めの1.2mm。タッチパッドはマルチタッチ対応で、ボタン一体型のタイプを搭載した。

 メモリーは4GBで、通信機能はIEEE 802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0+HSに対応。インタフェースは、USB 3.0、USB 2.0(本体の電源がオフの状態でも対応機器への充電が可能)がそれぞれ1つずつ、HDMI出力×1、ヘッドホン×1、SDメモリーカードスロット(SDXCに対応)×1となる。有効92万画素のWebカメラを搭載する。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版で、オフィスソフトとしてOffice Home and Business 2010が付属する。本体サイズは幅313×奥行き209×高さ14.9mm。光学ドライブは非搭載。別売の専用オプションで外付け型DVDスーパーマルチドライブを用意する。

(日経パソコン 露木久修)

[PC Online 2012年7月3日掲載]

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

LaVie Z、NEC、Core i7、Core i5、CPU、Ultrabook、インテル、SSD

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

国立循環器病研究センター 研究開発基盤センター副センター長の巽英介氏

循環器疾患予防の認定制度、みそで初認定 ハナマルキ

 国立循環器病研究センター 研究開発基盤センター副センター長の巽英介氏は2015年8月28日、ハナマルキの「2015秋の新商品記者説明会」に出席し、国立循環器病研究センターが推進する「かるしおプロジェ…続き (6:00)

写真 スマホの画面をそのまま生中継できる

DeNA、スマホの画面を生中継できるアプリ

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は2015年8月28日、スマートフォン(スマホ)の画面をそのままネット動画として生中継するアプリ「Mirrativ(ミラティブ)」の提供を始めた。ゲームやSNS、Web…続き (6:00)

窓がLiイオン2次電池兼太陽電池に 工学院大学

 工学院大学学長で同大先進工学部・応用物理学科教授の佐藤光史氏の研究室は、光充電機能を持つ半透明のLiイオン2次電池を試作し、開催中の展示会「イノベーションジャパン2015」に出展した。ほぼ透明な窓が…続き (6:00)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2015年8月28日付

2015年8月28日付

・オンキヨー、海外でハイレゾ配信拡大
・旧JT自販機の情報共有、飲料商品開発
・三井造船、船舶エンジンを遠隔監視で保守
・ペガサスミシン、布2枚のズレ 逃さず検知、かがり縫い用装置を開発
・曙ブレーキ、アウディにブレーキ供給、アウトバーンに対応、欧州開拓強化…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト