BPニュースセレクト

NEC、13.3型で875gのウルトラブック「LaVie Z」を発表

2012/7/4 6:23
保存
印刷
その他

 NECは2012年7月3日、同社初となるUltrabook(ウルトラブック)「LaVie Z」を発表した。解像度1600×900ドットの13.3型液晶ディスプレイを搭載。重さが875gと「世界最軽量」をうたい文句にするほど軽いのが特徴だ。

解像度1600×900ドットの13.3型液晶ディスプレイを搭載し、重さが875gのUltrabook「LaVie Z」

本体色はシルバーのみ。背面上部には角度によって見え方が変わるホログラムのNECロゴが付いている

キーボードは85キーで、キーピッチは18mm、キーストロークは1.2mm。タッチパッドはボタン一体型のタイプとなっている

 価格はオープン。CPUとSSD(ソリッドステートドライブ)容量が異なる2モデルがある。CPUがCore i7-3517U(1.9GHz)で256GBのSSDを搭載する上位モデル「LZ750/HS」が実勢価格で約16万5000円。CPUがCore i5-3317U(1.7GHz)で128GBのSSDを搭載する下位モデル「LZ550/HS」は約13万5000円だ。出荷はいずれも8月中旬を予定している。

 同社はこれまで、インテルのイベントや報道関係者向けの説明会などでLaVie Zを参考展示しており、その重さを999g以下と説明していた。今回、正式に発表した仕様では875g。一段と軽量化したことが明らかになった。全体の厚さは14.9mmで、液晶部分の厚さは4.5mm。薄さと軽さが際立つ。

 軽さの秘密の一端は、底面に採用した金属素材にある。比重がアルミニウムの約50%で、マグネシウムの約75%と軽い「マグネシウム・リチウム合金」を採用している。この金属がパソコンのボディーに使われるのは初めてだという。今のところ、「この金属を複雑な形状に成型するのは難しい」(同社)。そのため、天板やキーボード面の金属部分には薄厚のマグネシウム合金を採用している。このほか、基板を薄型化する、液晶部品をきょう体に直付けする――といった工夫を重ねることで軽量化を実現した。

 バッテリーにはリチウムポリマーを採用しており、駆動時間は8.1時間。フル充電には2.5時間が必要だが、1時間で約80%までの急速充電ができるという。ACアダプターは薄型で、従来機の厚さ約30mmに対し、18.5mmとなっている。

 キーボードはJIS標準配列で85キー。キーピッチは18mmを確保、キーストロークはやや浅めの1.2mm。タッチパッドはマルチタッチ対応で、ボタン一体型のタイプを搭載した。

 メモリーは4GBで、通信機能はIEEE 802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0+HSに対応。インタフェースは、USB 3.0、USB 2.0(本体の電源がオフの状態でも対応機器への充電が可能)がそれぞれ1つずつ、HDMI出力×1、ヘッドホン×1、SDメモリーカードスロット(SDXCに対応)×1となる。有効92万画素のWebカメラを搭載する。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版で、オフィスソフトとしてOffice Home and Business 2010が付属する。本体サイズは幅313×奥行き209×高さ14.9mm。光学ドライブは非搭載。別売の専用オプションで外付け型DVDスーパーマルチドライブを用意する。

(日経パソコン 露木久修)

[PC Online 2012年7月3日掲載]

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

LaVie ZNECCore i7Core i5CPUUltrabookインテルSSD

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

図1 充電サービス「ChargeNow」はカードをかざして利用する

BMWジャパン、EV向け充電サービスを導入 [有料会員限定]

 ドイツBMWの日本法人は、同社のEV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッド車)向けに充電サービス「ChargeNow」を2016年10月1日から導入する(図1)。日本全国で提携する約1万4…続き (6:00)

開発品

アルプス電気、コップに水が注がれる感覚を再現 [有料会員限定]

 アルプス電気は、コップを手にもって水を注いだ時の感覚を同社のアクチュエーターを使って再現する技術を開発中である。採用したアクチュエーターは、圧電材料で振動を発生させる板状の素子である。…続き (6:00)

対話型ヒューマノイドロボット「EMIEW3」(写真:JR東日本のプレスリリースより)

JR東と日立、東京駅で対話型ロボットの実証実験 [有料会員限定]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)と日立製作所は2016年9月26日、日立が開発した対話型ヒューマノイドロボットを活用した訪日外国人旅行客との質問応答の実証実験を、東京駅丸の内北口の「JR EAST Tr…続き (27日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年9月28日付

2016年9月28日付

・鉄鋼製缶子会社を売却 ブラジルのナショナル製鉄
・UKC スマホ基板 ベトナムで生産受託
・エクソソームでがん治療 新山手病院や三重大
・廃プラで走れ 燃料電池車 昭和電工が実験
・LINEでガス器具販売 日本瓦斯…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト