BPニュースセレクト

ソフトバンク京都ソーラーパークの運転開始、全量買い取りに合わせて

2012/7/2付
共有
保存
印刷
その他

 ソフトバンク グループで自然エネルギー事業を手がけるSBエナジーは、2012年7月1日に太陽光発電所「ソフトバンク京都ソーラーパーク」(京都市伏見区)の運転開始セレモニーを開催した。同社 代表取締役社長の孫正義氏の他に、京都市長の門川大作氏や京セラ 名誉会長の稲盛和夫氏などが参加した。

右からSBエナジー 代表取締役社長の孫正義氏、京都市長の門川大作氏、京セラ 名誉会長の稲盛和夫氏

今回運転を開始したのは約2.1MWの太陽光発電所

設置角度は20度

新幹線から見える場所にある

雨の中、多くの報道陣が集まった

 セレモニーでは、孫氏が「京都議定書で地球の環境を守ろうと約束した地であり、尊敬する稲盛さんもいる。その京都に建設できたことをうれしく思う」と述べた。それに対して稲盛氏は、「ここから2kmほど離れた場所で太陽電池の研究を始めた。毎年、毎年、大きな赤字を出しながら、大変な犠牲を払って事業化した。孫さんがソーラーパークを造ってくれて感無量だ」と応えた。

 質疑応答で、今後の計画について聞かれた孫氏は、「合計で200MW(メガワット)分を建設すると公言したが、既に約230MWの計画が確定している。今後も、余力の範囲内で努力を継続したい。条件が悪い土地も活用できるように、他の事業者と競争・協力しながら事例づくりをしたい」と述べた。

 稲盛氏は、太陽電池の生産に関して聞かれ、「国内で生産してコストを下げることにこだわる。昨年(2011年)は赤字だったが、生産性を高めた結果、十分に利益が出る工場運営ができそうだ。歯を食いしばって国内で生産を続ける」と回答した。

■モジュール設置角度は20度

 ソフトバンク京都ソーラーパークは、京都市が所有する焼却灰などの埋め立て地に建設した。京都市は、投資回収まで無償でSBエナジーに土地を提供する予定である。

 全体の敷地面積は約8万9000m2(平方メートル)で、最大出力は約4.2MW。このうち今回運転を開始したのは、その半分の約2.1MWになる。残りは現在建設中で、2012年9月1日の運転開始を予定している。

 発電所の設計や調達、建設は京セラソーラーコーポレーションが、施工は京セラコミュニケーションシステムが担当した。2012年5月に施工を開始し、再生可能エネルギーの全量買い取り制度が始まるこの日に間に合うように、急ピッチで作業を進めてきたという。

 建設に当たっては、土地を掘り返すことができない埋め立て地に特有の制約があった。このため、埋め立て地の上にコンクリートの基礎を直接設置する工法を採用している。

 太陽電池モジュールの設置角度は20度に設定した。30度にすればモジュール当たりの発電量が約1%増えるが、影の影響が大きくなってモジュールの前後の間隔を広くする必要がある。このため今回は20度に設定して、モジュール前後の間隔を狭くしてモジュール数を増やし、2.1MWの最大出力を確保した。

(日経エレクトロニクス 河合基伸)

[Tech-On! 2012年7月1日掲載]

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

ソニー、距離・時速100kmでも通信可能な技術 [有料会員限定]

 ソニーは、低消費電力で広域をカバーできるLPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク技術として、100km以上の遠距離通信と100km/時の高速移動中でも安定した通信が可能な新技術…続き (29日 6:00)

「セコムドローン」による「巡回監視サービス」の利用イメージ(図:セコムのニュースリリースより)

刑務所を自律型ドローンが巡回監視、セコムが実証実験 [有料会員限定]

 セコムは、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った「巡回監視サービス」の実証実験を、山口県美祢市にあるPFI(民間の資金や経営力・技術力を活用することによって公共施設の建設や維持…続き (29日 6:00)

産業用ロボットの総出荷台数、1~3月期で過去最高 [有料会員限定]

 日本ロボット工業会は2017年4月27日、産業用ロボットの2017年1~3月期の総出荷台数が前年同期比26.7%増の4万6952台になり、過去最高値を更新したと発表した。総出荷額は同16.2%増の1…続き (28日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月1日付

2017年5月1日付

・脳信号でコンピューター操作 BMI、米で開発熱
・国際航業、太陽光発電を3Dモデルで異常検知 ドローンの画像解析
・鉄鋼大手3社 鉄冷え一方もなお残るリスク
・三菱倉庫、医薬物流で大阪に新拠点 高度な温度管理で収益力
・パフやA&S、「交換留職」ネットワーク…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

関連媒体サイト