ニュースこう読む(滝田洋一)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国リスク、政府はこの対策を急げ  編集委員 滝田洋一

(1/2ページ)
2012/10/4 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 日本の自動車メーカーが苦境に立たされている。6月=32、9月=19、12月予想=マイナス5。日銀企業短期経済観測調査(短観)に示された業況判断指数(良いから悪いを引いた数字)は、文字通り秋の日はつるべ落としである。

 エコカー補助金の終了や中国景気の減速。今回の短観では全体として7割弱の回答が9月11日までに寄せられているので、尖閣問題をきっかけに起きた反日デモなどの影響は織り込まれていない。各社…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版スタート割実施中 今なら電子版が6月末まで無料! お申し込みは5/31まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)


関連記事

【PR】

【PR】

ニュースこう読む(滝田洋一) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日米経済フォーラムで講演する安倍首相(5月1日、ロサンゼルス)=ロイター

ロイター

首相のロス講演、耳傾けた米投資家との対話
 編集委員 滝田洋一
[有料会員限定]

 日米首脳会談や議会演説の陰に隠れているが、安倍晋三首相の訪米の大きな狙いはビジネスだった。米国の経営者や投資家を前に、首相は経済改革の大見えを切っている。目を凝らすべき点は何だろうか。
 ホワイトハウ…続き (5/13)

日本の「株」が米国で上がったのなら
 編集委員 滝田洋一
[有料会員限定]

 安倍晋三首相の訪米を控え、米国で「日本の株」つまり日本の相対的な重みが増している。中国が台頭するなかで、米国が仕切る既存の経済秩序を忠実に支えているからだ。
 米国務省が2月4日に日本についてのファク…続き (4/15)

春の賃金交渉では昨年を上回る回答が相次いだ

眠れる企業が目を覚ますと
 編集委員 滝田洋一
[有料会員限定]

 昨年実績を上回る春の賃金交渉、活発なM&A(合併・買収)、相次ぐ自己資本利益率(ROE)重視宣言――。桜の花のほころぶようなニュースが目白押しとなっている。
 長らく続いたデフレから脱却する好機を生か…続き (3/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]