日本経済新聞

12月22日(月曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

ニュースこう読む(滝田洋一)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国リスク、政府はこの対策を急げ  編集委員 滝田洋一

(1/2ページ)
2012/10/4 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 日本の自動車メーカーが苦境に立たされている。6月=32、9月=19、12月予想=マイナス5。日銀企業短期経済観測調査(短観)に示された業況判断指数(良いから悪いを引いた数字)は、文字通り秋の日はつるべ落としである。

 エコカー補助金の終了や中国景気の減速。今回の短観では全体として7割弱の回答が9月11日までに寄せられているので、尖閣問題をきっかけに起きた反日デモなどの影響は織り込まれていない。各社…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)


関連記事

【PR】

【PR】

ニュースこう読む(滝田洋一) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

プリンストン大学教授でノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏

再増税延期、そのとき舞台が動いた
 編集委員 滝田洋一
[有料会員限定]

 消費再増税の延期はどのようなタイミングで決まったのだろうか。安倍晋三首相の決断に決定的な役割を果たしたのは、ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏である。
 内閣官房参与である本田悦朗氏(静岡…続き (12/3)

オバマ大統領は米中間選挙での民主党大敗を受け、共和党に協調を呼びかけた(11月5日、ホワイトハウス)=ロイター

ロイター

浮上する「HIA2」、米国へ企業資金還流のマグマ
 編集委員 滝田洋一
[有料会員限定]

 米連邦準備理事会(FRB)の量的緩和は「QE」で、黒田日銀による異次元緩和は「QQE」。英語の頭文字ばかりでウンザリという読者には恐縮だが、2015年以降のドル相場に影響を及ぼしそうなので紹介しよう…続き (11/12)

記者会見の会場を後にする小渕経産相(20日午前、経産省)

みんなして「政治とカネ」に迷い込む危うさ
 編集委員 滝田洋一
[有料会員限定]

 後援会収支の小渕優子経産相とウチワ配布の松島みどり法相。女性2閣僚の辞任で国会が大騒ぎとなっている。安倍晋三政権には打撃であるが、これを機に民主党の評判は高まるのだろうか。
 恐らくそうはなるまい。肝…続き (10/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について