働き方・人間関係

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

続けること、やめること 中江有里さんが語る女性の決断

(1/3ページ)
2013/3/6 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 2013年1月30日に6年ぶりの小説『ティンホイッスル』を上梓した中江有里さん。「働く女性の決断」をメインテーマに据えた『ティンホイッスル』の舞台は、中江さん自身が今まで見てきた芸能界だ。マネージャー、大女優、新人、スタッフ、キーとなる登場人物はすべて女性。それぞれの方法で「生き直す道」を探す姿は、現在過去未来の「いつかの私たち」に重なる。中江有里さんが考えつづけてきた「女性の決断」について聞いた。

■決断は「下したときがタイミング」

(この記事の写真:杉本吉駿、撮影協力 irving place)

(この記事の写真:杉本吉駿、撮影協力 irving place)

 芸能界についてはずっと書いてみたいなあと思っていたんです。この仕事では、10代や20代の子達がたくさんいて、私もそんな一人だったわけですが、デビュー前に辞める人もいれば、仕事をして10代で辞めていく人もいる。しかも、気付いたら“消えている”という人がほとんどで、それに対して自分は取り残されている気分がありました。「あの人が辞めているのに、私が続ける理由」が分からないまま、ただただ続けていたんです。

 続けることも大切ですが、決断して辞めるのも大切。その人達は決して“消えて”なんかいない。彼女たち自身の人生を歩むために決断をしているだけで、当たり前ですが、どこかで彼女たちの人生を生きているんです。その彼女たちが、今どこでどんなことを思って生きているのか、ずっと気になっていました。

 一方で、私たちを支えてくれるマネージャー。黒子として私たちを支え続けてくれていますが、どれだけ頑張っても売れない子もいます。物としての“商品”であれば「売れなかったね」とその商品の生産をやめ、次の商品を作ればいい。でも、“商品”が人の場合、そうはいかないのではないでしょうか。「この業界で何年もの間費やした時間はこの子にとって無駄だったのではないか」「この子の次の人生はどうなるのだろうか」「売れないからといってこの子を見捨てていいのだろうか」――。支えるマネージャー、支えられるタレントの子たち。続ける人、辞める人。そういった人たちを書いてみたかった。

■やりたいことはとことん貫く

 誰でもきっと日々不安や悩みを抱えて生きてますよね。特に女性だと、結婚や出産などによって、ライフステージが一気に変わることが多い。自分の年齢によってやりたいことにブレーキをかけてしまうことさえありますよね。その時々で「本当にここが自分が今いるべき場所なのか」「この仕事は自分にとってベストなのか」と思い悩むことって結構あると思うんです。悩んだ結果、仕事を辞める人、何かを始める人、それぞれの決断がそこにはあります。その決断をどう下していくのか、そういうプロセスを書こうと思いました。女性が「生き直す」、つまり「再生」する様子を書こう、と。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

中江有里、ワークライフバランス、読書、児玉清、ティンホイッスル、決断、女性

女性と仕事

読書日記 中江有里

日経BPの関連記事

【PR】

【PR】

働き方・人間関係 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「外国人社員と働くことにすっかり慣れた」という織田さん(右)。左はネスターさん(東京都大田区のアルプス電気本社)

外国人社員、「入社3年の壁」突破できるか [有料会員限定]

 日本企業で働くホワイトカラーの外国人が増えている。事業のグローバル化に伴い、語学力にたけて多様な文化的背景を持つ外国人を採用する動きが広がっているからだ。かつては「外国人は入社3年程度で辞める」と諦…続き (7/28)

静岡市待機児童園は2歳児までを受け入れている(静岡市駿河区の待機児童園「おひさま」)

2人目産んで育休取るなら…「上の子は保育園やめて」 [有料会員限定]

 「下の子を産んで仕事を休んでいるのだから、上の子には保育園を退園してもらいます」。埼玉県所沢市が4月、こんな「育休退園」ルールを導入したのをきっかけに、働く親に第2子出産への不安が広がっている。子ど…続き (7/27)

生活に困った家庭に届ける食品を箱詰めするボランティアスタッフ(千葉市のフードバンクちば)

食品眠らせず社会貢献 家庭のムダ減らし一石二鳥 [有料会員限定]

 食品のムダを減らし、社会貢献につなげる試みが広がってきた。家庭で食べきれない食品を生活に困った家庭や福祉施設に寄付する活動や、廃棄予定の食品を買うと、代金の一部を寄付金にまわす通販サイトが登場してい…続き (7/21)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]