IAEA、検出物質はヨウ素 福島・飯舘村の測定値修正

2011/4/1 6:39
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は3月31日、福島第1原発の北西約40キロにある避難区域外の福島県飯舘村の土壌からIAEAの避難基準を上回る値が検出されたとした放射性物質は、半減期の短いヨウ素131で、測定値は1平方メートル当たり約2千万ベクレルだったと修正した。

 IAEA当局者は30日の記者会見で、約200万ベクレルとしていた。数字を取り違えたとみられる。

 測定日は3月後半で、ヨウ素131の半減期は約8日。当局者は「検出された値は限られた試料に基づいた初期評価で、追加調査が必要」と話している。

 一方、日本の原子力安全委員会は31日、国内では土壌でなく空間放射線量を指標にしていると説明。原発から半径20キロを「避難」、20~30キロを「屋内退避」とした設定は妥当で、避難区域の設定の見直しは必要ないとの考えをあらためて示していた。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

IAEA、国際原子力機関、ヨウ素

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/03 13:27
18,355.56 +260.16 +1.44%
NYダウ(ドル)
9/02 16:36
16,351.38 +293.03 +1.82%
ドル(円)
9/03 13:07
120.51-54 +0.46円安 +0.38%
ユーロ(円)
9/03 13:07
135.18-22 +0.03円安 +0.02%
長期金利(%)
9/03 12:52
0.400 +0.010
NY原油(ドル)
9/02 終値
46.25 +0.84 +1.85%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報