日本経済新聞

3月31日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

裏読みWAVE

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インド薄型TV最前線 韓国勢の牙城崩したソニー
編集委員 小林明

(1/3ページ)
2013/8/30 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

インド・ムンバイ市内の各ブランドの売り場
画像の拡大

インド・ムンバイ市内の各ブランドの売り場

 12億人以上の人口を抱え、消費をけん引する富裕層や中間層も飛躍的に膨らみつつあるインド。経済発展に伴い庶民の生活水準は着実に上昇し、目下、薄型テレビの市場シェア争奪戦が過熱している。

■サムスン、LG、ソニーの「3強」が首位争い

 インドの薄型テレビ市場で「3強」と呼ばれているのが、サムスン電子やLG電子に加えて、韓国勢と激しい首位争いを繰り広げているソニー。もともと韓国勢の牙城だったインド市場をソニーが切り崩すことに成功し、3強が抜きつ抜かれつの仁義なき戦いを続けている。

 では店頭での実売価格はそれぞれいくらで、どの程度の値引きをしているのか?

 インドの消費者はどんな商品を求めており、店員はどんな売り方をしているのか?

 実際に家電売り場に足を運び、白熱する薄型テレビ市場の最前線を追跡してみることにした。

 まず液晶とプラズマを合わせた薄型テレビのインド市場でのシェア動向をつかんでおこう。

 折れ線グラフは3社の市場シェアを四半期ごとに追いかけた米調査会社NPDディスプレイサーチの統計(台数ベース)である。

■薄型テレビの主戦場は40~42インチと32インチ

 インド市場では、もともとサムスン電子とLG電子の韓国勢がブラウン管テレビを通じて消費者に深く浸透し、薄型テレビ市場でも両社が強固な足場を築いていた(インドではブラウン管テレビがまだ相当数使われている)。だが、近年の大きな市場の変化は、高機能モデルで充実した品ぞろえを持っているソニーが中間層への売り込みも強化し、韓国勢の首位争いに割って入ったこと。

画像の拡大

 販売店網、サービス網の整備に加え、クリケットのスター選手や人気女優を起用した大々的な広告戦略も奏功し、ソニーが市場シェアを急速に拡大。直近では韓国勢がやや盛り返しているものの、三つどもえの激しい首位攻防戦を繰り広げている。この3強が市場全体の半分以上のシェアを握っている状況だ。

 業界関係者によると、薄型テレビでシェア争いの激しい製品は40~42インチと32インチ。

 40~42インチは1台目として、32インチは寝室や子ども部屋などに置く2台目として、消費者が買うケースが多いそうだ(もちろん金銭的な余裕がない消費者は32インチ以下のモデルを1台目として購入する)。このため各社の品ぞろえも充実しており、消費者への売り込みに力を入れる主戦場になっている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

ソニー、サムスン電子、LG電子、薄型テレビ、ディスプレイサーチ、薄型テレビ市場、裏読みWAVE

薄型テレビ市場の動向

「クール・ジャパン」の行方は

最近の「裏読みWAVE」

【PR】

【PR】

裏読みWAVE 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

足の投げ出しは改善するか?(「ゆりかもめ」車内)

原因は席の形状? 足の投げ出し、設計でマナー改善

 通勤列車の狭い車内で足を通路に投げ出して座るのはマナー違反。ほかの利用客の邪魔になるし、思わぬ事故につながりかねない。特に車内が混み合うラッシュ時にはぜひとも気を付けたい迷惑行為だ。
 ところで、どう…続き (3/20)

AKB48の小嶋陽菜さん。名前の「陽菜」は2014年生まれの女子名人気1位に

女性名なぜ短く? 「凛・めい」1字・2音時代へ

 昨年(2014年)に生まれた新生児の名前の人気ランキング(明治安田生命保険調べ)が発表された。はたしてどんな傾向や流行の法則が読み取れるのだろうか? 男性編に続き、今回は女性編を紹介しよう。
 女子名…続き (3/6)

1位――「西伊豆」からの富士山(東京・杉並「和泉湯」 2010年 町田忍さん提供)

町田忍さん提供

なぜ銭湯に富士山? 原動力は意外な広告商法

 広々とした銭湯で手足を思う存分に伸ばして入浴するのは実に気持ちがいいものだ。気分が爽快になるし、蓄積した疲れも一気に吹き飛んでしまう。そんな至福の時間に欠かせないのが背景画に描かれた雄大な富士山。眺…続き (2/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について