裏読みWAVE

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

バービー人形、変遷で世相がわかる
編集委員 小林明

(1/5ページ)
2013/9/27 6:30
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

画像の拡大

 世界中の女性が着せ替え遊びに熱中してきたバービー人形。1959年の誕生から50年余りの長い歴史を振り返ってみると、意外な秘話が数多く隠されていることに気付く。顔や体の動きなどの変遷を追い掛ければ、時代の世相も透けて見えてくる。今回はバービー人形にまつわるウンチクを紹介しよう。

■1万体以上所有する世界的な収集家が浅草にいた!

 取材に訪れたのは東京・浅草。雷門のはす向かいに本社を構える伸銅品問屋、関口冨美雄商店の関口泰宏社長は世界でも有名なバービー人形の収集家として知られる。もともとは古いブリキの玩具などを集めるのが趣味だったそうだが、80年代初めのある日、東京・高円寺にある“懐かしグッズ”の専門店「ゴジラや」の顔なじみの店主から購入を勧められたのがバービー人形だった。

関口泰宏(せきぐち・やすひろ) 伸銅品問屋、関口冨美雄商店(東京・台東区)社長。学習院大学経済学部卒。ブリキ玩具を収集していたが、ファッションへの興味からバービー人形も収集。1万体以上を所有。東京都伸銅品商業組合理事長。58歳。
画像の拡大

関口泰宏(せきぐち・やすひろ) 伸銅品問屋、関口冨美雄商店(東京・台東区)社長。学習院大学経済学部卒。ブリキ玩具を収集していたが、ファッションへの興味からバービー人形も収集。1万体以上を所有。東京都伸銅品商業組合理事長。58歳。

 59年の皇太子(現天皇)と美智子さまのご成婚を記念して作られたとされる非売品。バービーは純白の着物に身を包み、ケンは和風の柄のタキシードに日本刀という珍しいいでたち。「値段は20万円でかなりの出費だったが、思い切って買ってみることにした」と振り返る。

 後に、それが大変価値のある「レアもの」だったことを知り、バービー人形の世界に足を踏み入れるきっかけとなった。「昔からファッションには興味があったんですよ。人形を観察すると、服の細かな作り込みなどが素晴らしいことが分かるのでその魅力に引き込まれた。米国で開催される収集家のコンベンションに買い付けに出掛けたこともある」。今でも年に50体くらいは買い続けているそうだ。

バービー人形――59年に誕生。身長29センチ。ハンドラー夫妻の娘、バーバラにちなんで命名。本名はバーバラ・ミリセント・ロバーツ。70年代初頭までは基本的に日本製。ボーイフレンドにケン、妹にスキッパー、トゥッティ、ステイシー、ケリー、いとこにフランシー、友人にミッヂらがいる。なぜか両親の人形は作られていない。
画像の拡大

バービー人形――59年に誕生。身長29センチ。ハンドラー夫妻の娘、バーバラにちなんで命名。本名はバーバラ・ミリセント・ロバーツ。70年代初頭までは基本的に日本製。ボーイフレンドにケン、妹にスキッパー、トゥッティ、ステイシー、ケリー、いとこにフランシー、友人にミッヂらがいる。なぜか両親の人形は作られていない。

 現在では1万体以上を所有し、展示イベントなどにも積極的に出品(今回掲載した写真はすべて関口さんの収集品)。特に好きなのは日本で製造されていた59年から70年代初めまでの製品だとか。「丁寧な作り込みで生産に携わった人や職人たちの意気込みが伝わってくるような気がする」と柔らかな視線を人形に注ぐ。

■実はバービーは日本生まれ

 バービーが誕生したのは59年のことだ。

 米マテル社の共同創業者のハンドラー夫妻が欧州に家族旅行した際、見つけたマスコット人形「ビルド・リリ」をヒントに着せ替え人形の開発を思い立った。早速、日本の玩具問屋、国際貿易に開発・生産を依頼。衣装デザイナーのシャーロット・ジョンソン女史を日本に派遣し、滞在先の帝国ホテルにミシンを持ち込み、1年以上も試作を繰り返しながら完成させたという。

 実はバービー人形は日本生まれだったのだ。

 ところで、バービー人形の歴史をたどると、時代によって顔つきが大きく変化しているのがわかる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

裏読みWAVE、バービー人形

最近の「裏読みWAVE」

【PR】

【PR】

裏読みWAVE 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

もともとプロサッカー選手になる気はなかったという

中田英寿氏、人生の決断 なぜ文化の伝道師に?

 日本人サッカー選手として国際的に絶大な知名度を誇る中田英寿さん――。アトランタ、シドニーの五輪大会やフランス、日韓、ドイツのW杯で日本代表の中心選手として活躍。1998年に…続き (6/26)

昨年よりも1カ月前倒しでGW前(4月25日)に開設されたランドセル売り場(西武池袋本店)

なぜ早まるランドセル商戦? 「ガラパゴス」考現学

 ランドセル商戦の時期が毎年ジワジワと早まっている。今年は昨年よりも1~2カ月前倒しされてゴールデンウイーク(GW)の前から商戦がスタート。売り上げのピークも早まる傾向が続いており、「ここ10年間で年…続き (6/12)

理想の上司像に新潮流、脱デフレへ「補佐型」に脚光

 脱デフレをにらみ「理想の上司像」に新潮流?――。
 新入社員を対象に聞いた2015年度の「理想の上司」(産業能率大学調べ)。ランキングの顔ぶれを分析すると、興味深い傾向が浮かび上がってくる。新たに脚光…続き (5/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]