点検個人マネー

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

高金利通貨はずっと上昇する? 外貨投資の誤解(1)
編集委員 田村正之

(1/4ページ)
2010/5/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「日本円のように金利の低い通貨で運用していても資産は増えません。金利の高い外貨建て資産に投資しておくことが大事です。高金利通貨は人気が集まって通貨価値が上昇しがちなので、金利差だけでなく為替差益も期待できるかもしれません」

 金融機関や投資セミナーなどでは、こうした趣旨の説明を受けることが多い。「なるほどな」とつい思ってしまう。しかし実は、長期で見れば過去、必ずしもそうなってはいないことも知っておきたい。外貨の方が金利が高くても、いずれ投資先通貨の為替が下落して(円高になって)しまい、金利差が吹き飛んでしまうことがおうおうにして起きている。

 まず、投資助言会社のイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの山口勝業社長が作成したグラフA~Dを見てみよう。1985年から2009年の長期間、米国やオーストラリアの長期金利はほぼ一貫して日本よりはるかに高い状況が続いてきた(グラフA)。最近は米国は低金利政策を取っていて短期金利は日本と変わらないが、長期金利は引き続き日本より高い。その結果、グラフBでは、米国、豪州の国債に投資した場合の現地通貨ベースでの累積リターンが、日本の国債に投資するのに比べてはるかに上回っているのが分かる。

画像の拡大

画像の拡大


 こうしたグラフを見ると「やはり金利の高い外貨で運用しなくては」と思いたくなる。国内最大の投資信託「グローバル・ソブリン・オープン」をはじめ、多くの外債投信が人気なのはこうした金利差の魅力だろう。

 しかし、重要なのは為替レートだ。現地通貨ベースで、例えば当初の1万ドルが2万ドルに増えても、当初1ドル=200円だったのが1ドル=100円に円高になってしまえば、円に戻した価値は当初の1万ドル×200円の200万円から、2万ドル×100円の200万円となり、結局変わらない。

→次ページでは為替レートを考慮したリターンを検証

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップライフトップ

これまでの連載

点検個人マネー 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米国流割安株投資「ダウの犬」戦略 日本での効果は?

 米国で有名な「ダウの犬(Dogs of the Dow」戦略という割安株投資術をご存じだろうか。ダウ工業株30種平均の採用銘柄の中から、配当利回りの高い順に10社を選んで投資し、1年後に売却すること…続き (2011/3/7)

写真1 陽子線治療のベッド

がん先進医療、陽子線治療は250万円 どうする家計負担

 家計に大きな影響を与えるのが病気など「万一」の出費。なかでも「がん」治療では費用が高額になるものも多い。その代表例が「陽子線治療」と呼ばれる治療法。2月1日現在、全国に5施設あり、一連の治療で費用は…続き (2011/2/21)

セゾン投信の中野晴啓社長

ある独立系投信4年間の軌跡

 1月下旬、東京・外苑前のイベントスペースで、投資信託を自社で直接販売する独立系投信会社「セゾン投信」の第4期運用報告会があった。独立系投信は1999年に発足した「さわかみ投信」を先駆けに、現在、11…続き (2011/2/7)