働き方・人間関係

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

増える「年の差婚」、メリットと不安

(1/2ページ)
2012/6/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 ここ数年、年の大きく離れた芸能人の結婚が相次ぐ。一般の人たちの間でも「年の差婚」に対する抵抗感は薄れ、積極的に年の離れた相手を求める動きもある。なぜ今、年の差婚が注目されるのか。そのメリット、デメリットは。

■もてなし力強い40~50代

 福岡県に住む男性Aさん(44)は、登録する結婚相談所ツヴァイの紹介で、14歳年下のB子さん(30)との結婚を決めた。これまで仕事一筋で来たが、気づけば四十路。子ど…

関連キーワード

ツヴァイ、結婚相談所、電通総研

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

働き方・人間関係 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

娘に代わって孫たちの面倒をみる鈴木常子さん

「育孫休暇」、3世代を結ぶ 働く祖父母が増加 [有料会員限定]

 企業や自治体が社員・職員の孫育てを後押ししようと取り組みを進めている。福島県を地盤とする東邦銀行は4月、孫の育児をするために休む「イクまご休暇」制度を導入した。岡山県は今年度から、孫育て休暇を取得さ…続き (7/6)

社労士労働紛争解決センター埼玉の模擬あっせんの様子。手前にあっせん人が座る(さいたま市浦和区)

職場のいじめ、お金で解決 「あっせん」利用で増加

 職場でいじめられたり、処遇の不当さを感じたりしている人が、裁判ではなく第三者の判断を交えて話し合いで解決する「あっせん」制度を利用し、解決金を受け取って退職する例がここ数年増えている。勤め続けてスト…続き (6/29)

「マタハラNet」代表 小酒部さやかさん

マタハラNet代表に聞く、「現在進行形」の無理解 [有料会員限定]

 妊娠や出産を機に、働く女性が職場で嫌がらせや不当な扱いを受けるマタニティーハラスメント(マタハラ)が後を絶たない。被害者の支援活動で米国務省の「世界の勇気ある女性」賞を3月に受賞した、マタニティハラ…続き (6/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経ウーマノミクス・プロジェクト

[PR]