宝飾品店の美宝堂、2回目の不渡り 負債総額22億円

2011/5/11付
保存
印刷
その他

 経営陣の親子3代が出演するユニークなテレビCMで知られた宝飾品販売店「美宝堂」(名古屋市東区)が事実上の倒産状態となったことが11日、分かった。

 帝国データバンク名古屋支店によると、負債総額は約22億円(2010年1月期末)で、今月2日に2回目の不渡り手形を出し銀行取引停止となったという。

 同社は名古屋市内でダイヤモンドや高級輸入時計などを販売、「名古屋・清水口の美宝堂へどうぞ」のフレーズのCMで高い知名度があった。しかし個人消費の落ち込みなどで、07年1月期に約11億円あった売上高が10年1月期には約7億円まで落ち込んでいた。

 今年3月には同社専務が投資事業の運用名目で知人から現金を集め、返済できなくなっているトラブルが発覚。事実上休業状態だった。

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 18:00
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 17:26
13:31
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報