丘珠空港ビル、経営なお厳しく

2010/3/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 北海道エアシステム(HAC)の経営刷新とならんで道内航空路線の課題となっている丘珠空港の存続問題も重要局面を迎えている。

 賃料収入の多くを依存するエアーニッポンネットワーク(A―net)の新千歳移転で、空港ビルを運営する札幌丘珠空港ビルの2011年3月期の最終赤字転落は確実なためだ。同社の試算では、仮にHACが拠点を丘珠に集約しても、なお数千万円の赤字になるという。

 札幌丘珠空港ビルは昨年札幌市…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

電子版トップ

関連キーワード

HAC札幌丘珠空港北海道エアシステムビルエアーニッポン経営刷新ネットワーク経営空港ビル道内航空札幌市賃料収入新千歳移転テナント会社重要局面レンタカー路線

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報