食品などの放射線、千葉・柏に測定所 ベクレルセンター

2011/8/31付
共有
保存
印刷
その他

 測定サービスのベクレルセンター(柏市、高松素弘社長)は10月、消費者や生産者が食品などの放射能レベルを手軽に測定できるサービスを始める。暫定規制値(1キログラムあたり500ベクレル)以下まで測定可能な高性能の装置を室内に備え、有料で使ってもらう。専門の試験機関などと比べ料金が安く、数値をすぐに確認できるのが特徴。

 柏駅東口の事務所ビルにスペースを確保し、独ベルトールド社製の測定器を据え付ける。検体の放射能の総量を20ベクレルまで測定できるタイプと、セシウム、ヨウ素など放射性物質の種類別に放射能を1ベクレルまで測れるタイプの2種類がある。いずれも暫定規制値より低いレベルまで測定できる。

 希望者は食品や土壌などのサンプルを一定量持ち込む。ベクレルセンターの指導を受けながら自分で装置を操作して測定する。計測時間は1回約15分。利用料金は最低検出量20ベクレルのタイプが1000円。同1ベクレルのタイプは3500円程度を予定している。

 柏市は局所的に放射線量が多い「ホットスポット」と呼ばれる地域がある。同社は食品に不安を持つ消費者のほか、野菜などの生産者、スーパーなど流通関係者ら、1日に50件ほどの利用を見込んでいる。

 同社は「不安をその場で解消できるような市民測定所を目指したい」としている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

高松素弘ベクレルセンター

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 22:40
22:30
北陸 7:01
7:00
関西 22:03
14:41
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
21:52
21:45

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報