新潟空港、増便や新規就航相次ぐ 中国東方航空は上海線週4便

2012/3/27付
保存
印刷
その他

 新潟空港発着の航空路線で、新規開設や増便が相次いでいる。中国東方航空は26日、上海線をこれまでの週2便から週4便に増便した。25日にはフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が名古屋(小牧空港)線、全日本空輸(全日空)が成田線を新設している。新潟県や新潟市は、利用の低迷が続く新潟空港の活性化につなげたい考えだ。

 26日には、県などで構成する「新潟空港整備推進協議会」や中国東方航空が増便に合わせ、新潟空港で記念セレモニーを開いた。

 新潟県の泉田裕彦知事は「新潟から上海に進出する企業は約80社ある。週4便になるとスケジュールを組みやすく、ビジネスで利用しやすくなる」と話した。新潟市の篠田昭市長は「週4便で利便性がはるかに増す。実績を上げていきたい」と期待を示した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

中国東方航空新潟空港全日空フジドリームエアラインズ泉田裕彦新潟空港整備推進協議会篠田昭

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報