東北の水産 復興に遅れ 水揚げ、震災前の7割

2012/8/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東日本大震災の津波で被害を受けた岩手、宮城、福島県の主要9漁港の2012年度の水揚げ量の見通しが、約31万7000トンになることが分かった。例年並みだった10年度(約42万4000トン)の7割程度で、依然として水産業の復興の遅れが目立つ。東北は水産業の関連業界の裾野が広いため、復興の遅れは経済全体にも影響を与えそうだ。

 水揚げが最盛期を迎える秋を控え、日本経済新聞社が各漁港などに聞き取り調査を実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

水産業漁港水揚げ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 14:56
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 15:40
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:05
14:03
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 15:00
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報