映画館に交錯する涙と笑い(震災取材ブログ)
@福島・いわき

2011/12/22 12:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

映画「がんばっぺ フラガール!」をロングラン上映するポレポレいわき(福島県いわき市)
画像の拡大

映画「がんばっぺ フラガール!」をロングラン上映するポレポレいわき(福島県いわき市)

 隣の女性が、すすり泣く。前に座った男性がハンカチで目元をぬぐう。12月4日、福島県いわき市の映画館「ポレポレいわき」は涙にぬれていた。スクリーンに映されたのは「がんばっぺ フラガール!」。東日本大震災で大きな被害を受けた市内のリゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」の懸命な復旧を追ったドキュメンタリーだ。

 いわきは、かつて炭鉱で栄えた街。エネルギー政策の変転で苦境に陥った1960年代半ば、けん引役だった常磐炭鉱(現常磐興産)がリゾート事業を始めた。以来、半世紀近く、浮き沈みはあれど、ハワイアンズは地域のにぎわいの源だった。

 今秋公開された映画には、崩れ落ちたプール設備などの惨状がまざまざと映し出されていた。踊る場を失ったフラガールたちは全国キャラバンに出ることになった。

 「被災者は自分のつらさを重ねずにはいられないんだろうね」とポレポレいわきの管理会社、世界舘統括次長の福田まり子さん。地元ゆかりの作品ということで12年2月のハワイアンズ全面再開まで異例のロングラン上映を続ける。

毎朝の放射線量測定結果を映画館の入り口付近に掲示する
画像の拡大

毎朝の放射線量測定結果を映画館の入り口付近に掲示する

 同じ映画館で、今度は笑いがはじけた。12月15日に開いた初めての寄席は定員100人の会場がいっぱいに。出演した柳家一琴さんは「こんなに喜んでもらえるとは意外だった」と打ち明ける。「福島県は被災地のなかでも暗いイメージがあった。(原発事故の影響で)先が見えない状況で(落語は)難しいかなと思っていた。でも大声で笑う姿を見ると、少しずつでも前に進んでいるんだなと感じられた」

 いわき市には原発周辺からの避難者も多数集まる。世界舘社長の鈴木修典さんはつぶやく。「この街は到底、復興といえる段階ではない。まだまだ復旧に手間取っている」。震災から9カ月。元の生活を取り戻せた人は少ない。鈴木さんも、福田さんも家族が離ればなれになったままだ。皆、泣かずにいられない時がある。しかし笑える時もある。年の瀬の映画館に光と影が交錯する。(舘野真治)

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
2/08 大引
17,004.30 +184.71 +1.10%
NYダウ(ドル)
2/08 11:22
15,863.41 -341.56 -2.11%
ドル(円)
2/09 1:17
115.36-38 -1.96円高 -1.67%
ユーロ(円)
2/09 1:17
128.95-98 -1.71円高 -1.31%
長期金利(%)
2/08 14:52
0.040 +0.015
NY原油(ドル)
2/05 終値
30.89 -0.83 -2.62%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報