日本経済新聞

7月29日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

フクシマノート

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原発周辺住民、「仮の町」移住へ直面する現実

(1/3ページ)
2012/7/1 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 政府が東京電力福島第1原子力発電所の事故で避難した福島県の住民に重い現実を突きつけた。10年後の2022年になっても約1万5000人の住民が帰還できない恐れがあるとのデータを示したのだ。

 データを公表したのは、6月9日に福島市で開かれた国と県、双葉地方町村などによる協議会。原発周辺の11市町村を対象に今後、放射線量がどこまで下がるかを試算した。東日本大震災前に避難区域に住んでいたのは8万5988…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

フクシマノート 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原発事故と住民の健康…がんとともに心配すべきこと [有料会員限定]

 東京電力福島第1原子力発電所の事故から2年が過ぎた。事故で出た放射性物質による影響を調べる、福島県民への健康調査の結果が出始めてきた。今までのところ放射線による明らかな健康被害は見つかっていない。た…続き (2013/3/14)

事故後、報道陣に初めて公開された共用プール(代表撮影)

ルポ、動き出す使用済み燃料処分 原発事故から2年 [有料会員限定]

 政府と東電は今後30~40年後の廃炉完了に向け、最初のヤマ場となる使用済み核燃料の取り出し作業を本格的に始めた。5日、福島県が廃炉作業監視のために設立した「福島県原子力発電所の廃炉に関する安全監視協…続き (2013/2/18)

楢葉町は警戒区域が解除されたが、町は今も閑散としている

除染に1兆円超…帰還へ岐路迎える地域住民 [有料会員限定]

 政府は2013年度の復興予算案で福島県に重点配分することを決めた。特に予算を上積みするのが放射性物質の除染費用だ。福島県ではいまだに放射線量が高い地域があり、除染を進めることが、復興への第一歩とみら…続き (2013/2/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について