八ツ場ダム、治水・利水に「最も有利」 地方整備局
建設続行か、民主の判断焦点に

2011/9/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 国土交通省関東地方整備局と東京都、群馬県など利根川流域の自治体は13日、八ツ場ダム(群馬県長野原町)の必要性を巡る検討会議の全体会合を東京都内で開き、同局は流域の治水や利水方法について、八ツ場ダムが「最も有利な案」とする総合評価案を示した。2010年10月以来、8回の幹事会を開いているが、全体会合は初めて。同整備局はパブリックコメント(意見公募)などを経て、国交省に報告する対応方針を決める。

 同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

関東地方整備局馬淵澄夫

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:28
21:27
北陸 7:01
7:00
関西 13:40
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
22:09
22:08

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報