ITトレンド(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

生物模倣で大進化、デジカメの「目」 ソニーの挑戦

(1/2ページ)
2014/7/3 7:00
共有
保存
印刷
その他

 ソニーは生物の目の構造をまねた曲面形状のイメージセンサーを開発した。デジタルカメラなどに搭載するCMOS(相補性金属酸化膜半導体)センサーは平面状が当たり前だが、今回のセンサーは中央部がくぼんだ半球状。まさに眼球の奥で像を結ぶ網膜を模した。暗い場所でも明るくノイズの少ない画像を撮影でき、レンズの小型・軽量化や低コスト化も可能になるという。CMOSセンサーで世界シェア首位の実力を証明した格好だ。

■生物の目をまねてセンサーを曲げてみた

ソニーは中央部がくぼんだ半球状のCMOSイメージセンサーを開発した(出典:ソニー)
画像の拡大

ソニーは中央部がくぼんだ半球状のCMOSイメージセンサーを開発した(出典:ソニー)

 「最初の発想は生物の目をまねることだった」――。同社セミコンダクタテクノロジー開発部門の糸長総一郎デバイスマネジャーは曲面CMOSセンサーを開発した経緯をこう説明する。「なぜ目が生まれたのか、なぜ目は丸くなったのか、生物学の本で学ぶところから着手した」(糸長氏)。曲面形状にするとさまざまな課題を解決できることは、その後で気づいたという。うまくいく確証はなかったが、「このアプローチが正しいことは生物の目が証明済みだ」と周囲を説得しながら、開発を進めた。

 曲面CMOSセンサーは、専用レンズと組み合わせることで大きく2つの利点を生み出す。1つは暗い場所でもノイズが少なく明るい画像を撮影できること、もう1つはレンズを小型・軽量化、低コスト化できることだ。

 暗い場所でも明るい画像を撮影するためには、口径の大きな明るいレンズ(F値の小さいレンズ)を使うことが有効だが、これまで画面周辺の画質低下が目立ちやすかった。従来の平面CMOSセンサーの場合、センサー中央部でピントを合わせると、センサー周辺部ではピントがわずかにずれて画像の分解能が落ちてしまうからだ。これは「像面湾曲収差」と呼ばれる現象で、レンズからの距離がセンサー中央部と周辺部でわずかに異なることに起因している。そして、この問題は口径の大きな明るいレンズほど顕著になる。

画像の拡大

 これに対し糸長氏らが開発した曲面CMOSセンサーは、レンズからの距離がセンサー中央部と周辺部でほぼ等しくなる。像面湾曲収差が抑えられ、より明るいレンズを使えるようになる。例えばレンズのF値を従来の2.4から2.0に明るくしても、画像の分解能は変わらない。その結果より明るい画像を撮影できるようになる。これは、レンズを含むカメラシステム全体の感度が、センサー中央部で従来比1.4倍、周辺部で2倍に高まったことに相当するという。

 さらに、硬いシリコンを曲面状に曲げると、シリコンの電気特性が変化し、ノイズの原因となる暗電流を従来比5分の1に低減することができた。これによって、暗い場所でもノイズの少ない画像を撮影できる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ITトレンド(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

会話中は翻訳された音声と同時に字幕も表示される(スカイプの画面)

マイクロソフト、東京五輪見越しAIで同時通訳 [有料会員限定]

 米マイクロソフト(MS)がインターネットを介した日本語翻訳サービスに参入した。4月7日、音声をほぼリアルタイムで自動翻訳するサービス「トランスレーター」を日本語対応にした。人工知能(AI)で学習する…続き (4/27)

ゲオチャンネルは1年半足らずでサービスを終了する(写真は、サービス開始を発表する記者会見の様子)

ゲオとUULAが黒船に白旗 動画配信、国内勢に試練 [有料会員限定]

 国内の動画配信市場に淘汰の波が押し寄せている。市場は順調に伸びているが、参入企業が相次いで、消耗戦になっている。CD・DVDレンタルのゲオ(名古屋市)は、開始から1年半足らずでサービスを終了する。事…続き (4/20)

テスラモーターズの自動車工場に展示されたモデルS(米カリフォルニア州フリーモント)

自動運転のソフトを遠隔更新、半導体大手に商機 [有料会員限定]

 自動車を制御する電子制御ユニット(ECU)のソフトウエアを無線ネットワークを使って遠隔更新する「OTA(オーバー・ジ・エアー)」と呼ばれる新技術の開発が加速している。OTAは2020年以降に世界の自…続き (4/13)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月27日付

2017年4月27日付

・イスラエル発、サイバー防衛 相次ぐ情報流出、国内企業向けに参戦
・弘前大、歩き方、センサーで計測
・がん細胞に10分で大穴 日本抗体医薬が治験めざす
・JFEエンジ、汚泥の焼却排熱で発電 下水処理場で電気代削減
・残価設定ローン使いやすく…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト