Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホ普及で契約数は激減? ネット生保の想定外
出口治明・ライフネット生命保険会長兼CEO

(2/2ページ)
2014/7/26 7:00
共有
保存
印刷
その他

 ところが、昨秋のアンケートでは、その比率が2割以上低下していたのである。このようなお客さまの変化(保守化)は、何故生じたのだろうか。

 一つの仮説は東日本大震災である。生保業界はセールスパーソンを総動員して現場に入りお客さまの安否を確認した。当社も社員総出であたり、1カ月で100%安否確認を成し遂げた。大臣にも「生保はよくやった」と褒めていただいた。

 このことが「セールスパーソンがいた方がいざという時に安心だ」というイメージを広く植え付けたのではないか。

 もう一つはスマートフォン(スマホ)の普及だ。開業時にはスマホはゼロだった。当然のこととして当社は「お客さまはパソコンで保険を申し込む」と想定してシステムを構築した。パソコンなら普通の場合は約15分で申し込みが完了する。

 ところがスマホは画面が小さいため、40分前後かかってしまう。面倒なので途中で止める人が続出する。そうすると同じ数のお客さまが当社のウェブサイトを訪れたとしても、パソコンがスマホに置き換わるだけで契約数が4分の1以下に減ってしまうのだ。正直、開業前にはこのようなデバイスの急激な変化は想定ができなかった。

 以上、当社の実例を挙げたが、お客さまの意識も技術も日々進化し変化し続けているのだ。ダーウィンの進化論ではないが「強いものや賢いものが生き残るのではない。変化に対応したものだけが生き残るのだ」というのが世の実相である。

 そして、経営とは、まさにそういった社会の変化に対応していく適応活動そのものである。わずか6年の経験しかないが「世の中にはうまいやり方などどこにもない、あるのは、当たり前の真実と愚直な努力の継続のみである」ということを教えられた気がする。

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Smart Times (日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

ライフネット生命CEOさわかみ投信

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

メルカリ「メルカリ」

上場しないメルカリ 注目集めるユニコーンモデル

 非上場でありながら千億円規模の企業価値があるベンチャー企業群「ユニコーン」。有名なところでは、米配車アプリのウーバーテクノロジーズや民泊仲介サービスを運営する米エアビーアンドビーなどがある。
 世界に…続き (5/23)

パーティションなくし 社員同士のコラボを活性化

 皆さんのオフィスのデスクにはパーティションがありますか。企業の経営幹部の方であれば、個室を持たれているかもしれません。その個室のドアはいつも開いているでしょうか。
 米国のシリコンバレーを含むベイエリ…続き (5/16)

高齢者は成功体験を押しつけず、本質を伝える努力を

 私ごとで恐縮ですが、6月の株主総会をもってライフネット生命の会長職を退任することを決めました。ライフネット生命の準備会社を立ち上げたのが2006年10月でした。戦後初めて、ゼロから生命保険会社をつく…続き (5/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月24日付

2017年5月24日付

・AI翻訳家、電子書籍を英訳 メディアドゥ 要約から全文へ
・猛暑でも野菜スクスク トーヨーエネルギーが植物工場+ビニールハウス
・牧野フライス ベリリウム銅金型の放電加工 時間半減
・シノブフーズ 弁当の商品数集約 中小スーパー向け
・CSR 社外連携に軸足 味の素が公益財団法人…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト